科学コミュニケーションの活動に参加したい

海外のオープンフォーラム

Latin American and the Caribbean Open Science Forum (CILAC)

ユネスコモンテビデオ他、モンテビデオ政府、ウルグアイ国立リサーチandイノベーション機構(ANII)、モンテビデオ大学協会(AUGM)の共催により開催。ウルグアイ技術ラボ(LATU)、ウルグアイ国立ユネスコ委員会、ラテンアメリカとカリブの科学技術市民化ネット-ワーク(RedPop)、アメリカ州立組織(OAS)、イベロアメリカ州立組織(OIS)も共催。隔年開催で、次回は2018年にパナマで開催予定。

CILAC WEBサイト(英語):http://forocilac.org/en/

主催機関概要

機関の名称

Latin America the Caribbean Open Science Forum (CILAC)

設立経緯、沿革、組織の概観

(1)設立経緯
2016年9月に、SDGsのフレームワークに沿ってウルグアイの首都モンテビデオ市で発足し、第一回が開催された科学フォーラム。CILAC2016については、1965年のUNESCO-ECLAC共催「第一回中南米における開発への科学技術の応用会議(CASTALA)」の50周年記念の意味合いも兼ねていた。

(2)共催組織
- ユネスコ・中南米支局(モンテビデオ市)(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization Regional Office for Sciences for Latin America and the Caribbean)
- モンテビデオ市政府
- ウルグアイ研究・イノベーション国家アジェンダ(Uruguayan National Agency for Research and Innovation; ANII
- ウルグアイ国立大学(Universidad de la Republica; UDELAR)
- モンテビデオ市大学協会(Association of Universities Grupo Montevideo; AUGM)

(3)協力組織
- (Technological Laboratory of Uruguay; LATU)
- (Uruguay National Commission for UNESCO)
- (Network for the Popularization of Science and Technology in Latin America and the Caribbean: RedPop)
- (MercoCiudades)
- Organization of American States (OAS)
- Organization of Ibero-American States (OIS)

所在地

UNESCO, Regional Bureau for Sciences in Latin America and the Caribbean
Dr. Luis Piera 1992 - Montevideo 11200, Uruguay

ボードメンバー・ガバナンス体制

不明。オーガナイザーはUNESCO中南米支局

ビジョン・ミッション等

【ミッション】
2030年SDGsのフレームワークに沿った、中南米における科学技術イノベーション(STI)の地域アジェンダの形成に貢献すること。また地域の最新の科学・技術・イノベーションの発展をショーケースすること。

活動領域、主な取り組みテーマ

① サイエンス・ポリシー(Science Policy)
② 開発のための大学(Universities for Development)
③ 市民科学の促進(Promoting Citizen Science)
④ 2030アジェンダのための科学(Sciences for the 2030 Agenda)
⑤ ビジネスイノベーションのための科学 (Sciences for Business Innovation)

ウェブサイト

http://forocilac.org/en/(英語版)

主な科学コミュニケーション

CILAC
フォーラムは中南米地域のために行われているため、開催言語はスペイン語が主体。

調査委託先:(株)日本総合研究所(株)エコトワザまとめ(公開情報より)

レポート

各オープンフォーラムの概要と現地で行った活動をまとめたレポートを紹介します。