科学コミュニケーションの活動に参加したい

海外のオープンフォーラム

EuroScience Open Forum (ESOF)

セッションやワークショップを中心とした150前後のプログラムで構成され、世界を牽引する科学者、若手研究者、企業関係者、政策立案者、一般市民が、自然科学や人文社会科学における新しい発見や研究の方向性について議論する。

フォーラムと並行して、開催都市の特設会場で200件を越える一般市民へのアウトリーチプログラム(Science in the City)も開催される。

ESOF WEBサイト(英語):https://www.esof.eu/
EuroScience WEBサイト(英語):http://www.euroscience.org/

主催機関概要

機関の名称 EuroScience
設立経緯、沿革、組織の概観

(1)設立経緯 1997年フランス発祥。AAASのヨーロッパ版を作りたいという発案から始まり、ECやドイツの財団Stifterverband für die Deutsche Wissenschaft等の支援を受けて設立。

(2)組織の概観 グラスルーツで科学者が連携する非営利組織。EUに限定せずヨーロッパ地域のSTI政策立案、EUとのプロジェクトも運営。ヨーロッパ40ヶ国から2600人のメンバー。

所在地 Quai Lezay-Marnesia 67000 Strasbourg - France
ボードメンバー・ガバナンス体制

(1)運営体制 2年に一度の総会で16人の運営委員会メンバーが選出される。うち会長1名、副会長2名、事務局と会計が経営ボードとなる。会員は誰でも運営委員になることができる。

(2)経営ボード 会長 Lauritz Holm-Nielsen (Highlevel Advisor to the Rector of Aarhus University, デンマーク、生物学) 事務局 Dr. Peter Tindemans(オランダ、物理学) 副会長 Prof. Martin Andler (Professor at Université de Versailles Saint-Quentin-en-Yvelines、フランス、数学) 副会長 Dr. Raphaela Kitson-Pantano (Head of International Health Relations – AXA、フランス、健康) 会計 Dr. Tony Mayer (Europe Representative at Nanyang Technological University、英国、科学マネジメント)

ビジョン・ミッション等

【ビジョン】
EuroScienceはヨーロッパのすべての学問分野の公的機関・大学・研究機関およびビジネスセクターの科学者および科学に関心のある人を代表する
① ヨーロッパの科学者および科学機関はヨーロッパ市民・学問分野の市民・国家市民の三つの市民権を持っているという考え方を広めることで、ヨーロッパの統合に貢献
② 科学の人類のウェルビーイングと繁栄への貢献、また政治的・倫理的課題への社会の対処力を上げることへの貢献を促進する
③ ヨーロッパ全体および国家レベルでの科学政策の形成に影響を与えること
④ 科学と社会をつなぐ重要な課題についての意識向上、また課題について政策的プロセスやヨーロッパレベルでの科学者と科学の他のステークホルダーの間の対話を促進することで積極的に対処すること

【ミッション】
草の根の組織として以下の存在となること: - ヨーロッパの科学者に対しての、また彼らのための、声 - ヨーロッパの科学の見解と接点を持ちたい人々の入り口 - 政策立案者が科学者や科学機関とヨーロッパ全体でつながるためのプラットホーム -科学とその適用に関する倫理などの社会的な課題について科学者、政治家、その他のステークホルダーが出会い、議論し、前進させるプラットホーム

活動領域、主な取り組みテーマ

(1)独自のプロジェクト - EuroScience Open Forum - Euro Scientist - Open Letter - Homo Scientificus Europaeus

(2)EUのプロジェクト - RRI Tools - Catalyst - Rammal Award - European Young Researcher Award - European Science Writers Award - Science TV and New Media Festival - Science meets Poetry - European Young Researchers Program

ウェブサイト http://www.EuroScience.org/
主な科学コミュニケーション

EuroScience Open Forum 汎ヨーロッパの科学カンファレンス。最新の科学および人文・社会科学を届け、議論することを目的とする。研究者、イノベーター、政策関係者、ジャーナリスト、教育者4500人が90ヶ国以上から集まる。隔年で7月に違う都市がホストする。

調査委託先:(株)日本総合研究所(株)エコトワザまとめ(公開情報より)

レポート

各オープンフォーラムの概要と現地で行った活動をまとめたレポートを紹介します。