リスクコミュニケーション事例調査報告書(2014年3月)

> インデックスへ戻る

社会に存在するリスクと我々はどう向き合っていくのかが問われているなか、今リスクコミュニケーションが社会から高い注目を集めている。 文部科学省安全・安心技術及び社会連携委員会では、「リスクコミュニケーションの実践的手法、リスクの抽出・評価及びリテラシー向上の方策等」を調査研究事項のひとつとしている。 JST科学コミュニケーションセンターは本調査研究を支援する取り組みとして、リスクコミュニケーションに関する分野横断的な共通事項を明らかにするため、食品、化学物質、原子力、感染症、地震・津波、気候変動の6つの分野における国内の先行事例を収集し、報告書としてまとめた。

 

    リスクコミュニケーション事例調査報告書(2014年3月)