CREST 研究チーム

研究課題名

海洋メタンハイドレート層のマルチスケール界面輸送現象の解明と大規模メタン生成への展開

プロフィール

圓山 重直
圓山 重直
Shigenao Maruyama
1983年 東北大学大学院工学研究科博士課程修了 工学博士。1983年~1989年 東北大学 流体科学研究所 助手。1988年~1989年米国パデュー大学 客員研究員。1989年~1997年 東北大学 流体科学研究所 助教授。1997年~ 東北大学 流体科学研究所 教授。
専門分野:熱工学
趣味:テニス、スキー、ゴルフ

研究メンバー

研究内容紹介

 二酸化炭素(以後COとする)をはじめとする地球温暖化ガス削減は、世界規模での重要課題の一つです。
 海洋メタンハイドレート(以下MH とする)は水とメタンの化合物として日本近海の海底に大量に存在しており、南海トラフなど日本近海の可採年数が日本の全エネルギー消費量の約100年分に相当すると言われております。我が国におけるエネルギー戦略としてMH の採掘技術の確立とその有効利用は重要な課題となります。そこで我々はMH 層からメタンを取り出し、洋上で発電し、地上へ送電し、発電で生成された排熱とCOをメタンハドレート層に挿入してメタンを生産する新しい発電システムを考案し、それが実現可能であることを明らかにしてきました。
 MH を利用するためには、MH 層からメタンを抽出するメカニズムを解明する必要があります。大規模メタン産出を実現するためには、MH 層の固・気・液ミクロ界面現象を明らかにし、MH 層内のマクロスケール熱物質移動と化学反応のモデル化を行い、さらに実際のメガスケールのMH 層内メタン生成への展開を行うことが必要です。このような海底下の高圧MH 層内のマルチスケール界面輸送現象を解明することにより、新分野の相界面科学テクノロジーとしてグリーン・イノベーションに貢献していきます。
ページの先頭へ