CREST 研究チーム

研究課題名

固体酸化物形燃料電池電極の材料・構造革新のためのマルチスケール連成解析基盤

プロフィール

古山 通久
古山 通久
Michihisa Koyama

2002年 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻博士後期課程修了 博士(工学)。2002年2003年 同専攻 博士研究員。2003年2008年 東北大学大学院工学研究科 助教(2006年度まで助手)。2008年 九州大学稲盛フロンティア研究センター教授(2009年3月まで特任教授)。2010年 九州大学カーボン・ニュートラルエネルギー国際研究所 WPI教授兼務。


研究メンバー

古山 通久(九州大学)、松村 晶(九州大学)
小倉 鉄平(九州大学)、石元 孝佳(九州大学)、河野 晴彦(九州大学)
鹿園 直毅(東京大学)、梅野 宜崇(東京大学)、多田 朋史(東京工業大学)
原 祥太郎(東京大学)、長谷川 洋介(東京大学)、焦 震鈞(東京大学)

研究内容紹介

固体酸化物形燃料電池の高効率化のためには、電池内の反応・輸送現象に伴って生じる不可逆的な損失、中でも電極過電圧の低減が特に重要です。本研究では、時間・空間スケールの異なる複数のシミュレーション技術を連成し、実験計測と協働することで、三相界面における現象解明および電極微構造制御に基づく電極の高活性化に挑戦します。具体的には、実験との協働による(1)マルチレベルでの数値シミュレーション連成による電極界面反応の解明と電極材料の最適化、(2)電極多孔構造形成過程の解明による電極微構造最適化の二つの観点から電極の高活性化に取り組みます。
両アプローチにおいて、ミクロ・メソ・マクロの観点から研究に取り組みます。電極特性の実測と電子顕微鏡を駆使した構造観察、第一原理・分子動力学計算、反応シミュレーション、動的モンテカルロ法、格子ボルツマン法、レベルセット法など各種シミュレーション手法を活用した解析を行います。化学系・機械系・材料系研究者の多様な知識を集積することにより、材料と構造の両面から固体酸化物形燃料電池電極の設計革新に挑戦します。

投稿記事一覧

論文(原著論文)発表

2013/04/18
[論文発表] 古山 通久 教授(九州大学 稲盛フロンティア研究センター)【CREST】

受賞・表彰

2014/04/07
[受賞・表彰] 文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞 古山 通久 教授(九州大学 稲盛フロンティア研究センター) 【CREST】
ページの先頭へ