CREST 研究チーム

研究課題名

界面科学に基づく次世代エネルギーへのナノポーラス複合材料開発

プロフィール

陳 明偉
陳 明偉
CHEN Mingwei

平成7年 中国上海交通大学材料専攻博士課程修了、博士(工学)。平成6年~9年 中国上海交通大学助手/助教授、平成9年~11年 東北大学金属材料研究所客員研究員、平成11年~12年 米国海軍大学院 NRCフェロー、平成12年~15年 米国 ジョンズ・ホプキンス大学 助手、研究助教授、平成15年~20年 東北大学金属材料研究所 教授、平成20年~現在 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 教授、現在は新ナノ材料開発研究に従事。
専門分野は、電子顕微鏡、電気化学、機械物性。
趣味は、音楽鑑賞、読書。


研究メンバー

〈開発評価グループ〉
 陳 明偉、東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授 (代表、グループリーダー)
〈理論グループ〉
 赤木 和人、東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 准教授 (グループリーダー)

研究内容紹介

本研究計画では、従来のキャパシタの持つ高い出力密度(パワー密度)に匹敵し、且つ、既存のリチウム2次電池を凌駕するエネルギー密度をもった、ナノポーラス複合金属を基軸にした次世代エネルギーデバイス(ウルトラキャパシタ)の創出を目的とします。エネルギーデバイスは、材料をそのまま用いるのではなく、ナノ構造やナノ組織の表面・界面を通じて機能が発揮されるため、界面における原子・分子レベルでの現象の根源的な解明が重要です。原子レベルでの構造観察や計算機シミュレーションによって微視的メカニズムから明らかにし、指導原理を確立し、新材料の開発に寄与することが本研究の基本方針です。具体的には、図に示すように、ナノポーラス金属と、金属酸化物、ポリマー、イオン液体などを組み合わせることにより、多様な複合材料を創製し、種々の特性評価を行います。また、得られたエネルギーデバイスにおけるナノ構造やナノ組織に関しては、高性能電子顕微鏡、ラマン分光法、第一原理計算、分子動力学法の視点から、界面での原子・分子レベルの現象を明らかにし、さらなる発見や改良に結びつけます。そして、最終的には、自然エネルギーで得られる電力(太陽光発電、風力発電)を、高速に充放電可能な次世代エネルギーデバイス(ウルトラキャパシタ)を世に送り出したいと考えています。

投稿記事一覧

プレスリリース

2015/09/03
【プレス】大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発 ~ナノ多孔質グラフェンとルテニウム系触媒が鍵~ 陳 明偉 教授(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)
2015/06/18
【プレス】太陽光を活用した高効率水蒸気発生材料の開発 ~多孔質グラフェンを用いた太陽熱エネルギーの高効率利用へ~陳 明偉 教授(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)
2014/12/09
[プレス] 貴金属触媒を使わない水素発生電極の開発~多孔質グラフェンで、水素を低コストで大量に発生~ 陳 明偉 教授(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)【CREST】
2014/04/07
[プレス] 高い電気伝導性を持った3次元グラフェンの開発に成功~3次元炭素材料では困難だった高い伝導性を実現し、デバイスへの応用に道~ 陳 明偉 教授(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)【CREST】

論文(原著論文)発表

2014/03/31
[論文発表] 陳 明偉 教授(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)【CREST】
ページの先頭へ