◆JST数学キャラバン(アーカイブ)◆

 バナーをクリックすると、プログラム等の案内が開きます
 下線部をクリックすると、発表資料のダウンロードができます(一部のみ公開)

   (領域HPに戻る)
第16回 数学キャラバン(北大サイトへリンク)

 1)「カオス ー無秩序な世界に潜む秩序ー」 小林 幹(立正大学)
 2)「数理モデリングで未来を創る〜次世代の電気材料へ〜」 Daniel Packwood(東北大学、JSTさきがけ) (英語版はこちら)
 3) 「ここにも数学! コンピュータグラフィックス」 廣瀬 三平(芝浦工業大学)
 4) 「0と1で創るライフゲームの世界」 川原田 茜(静岡県立大学)

第15回 数学キャラバン(岡山大サイトへリンク)

 1)「カードのシャフルと合同式」 鈴木 武史(岡山大学)
 2)「歪んだダイヤモンドはどれぐらい面心格子か?
    〜高次元の空間を使って対称性を調べる〜」 富安 亮子(東北大学、JSTさきがけ)


第14回 数学キャラバン 2015.1.11
 1)「数学の楽しみ:問題発見から解決に向けて」 笠井 博則(福島大学)
 2)「バクテリアが作る模様を数式を使って表現しよう」 中山 まどか(仙台高専)
 3)「数学で人体を見る・視る・診る」水藤 寛 (岡山大学)

第13回 数学キャラバン(千葉大サイトへリンク) 2014.11.29

 1)「シャボン玉とシャボン膜の数学 -素朴な数学と数学研究の最先端-」 小磯 深幸(九州大学)
 2)「漸化式を使っていろいろな現象を数学にしてみよう!」 長山 雅晴(北海道大学)
 3)「セル・オートマトンで描く複雑パターン」 川原田 茜(静岡県立大学)
 4)「重要情報を見つけよ! Googleの革新をもたらした数学とは」 郡 宏(お茶の水女子大学)

第12回 数学キャラバン(岡山大サイトへリンク) 2014.11.24

 ◆講演会レポート(別窓で開きます)
 1)「統計学でイカサマを見破ろう」 井上 玲(千葉大学)
 2)「CTスキャナーの背後にある数学」 筧 知之(岡山大学)
 3)「公式のない方程式を解く」 佐々木 多希子(東京大学)
 4)「頭の中は数学だらけ!考える脳を考える数学」 寺前 順之介(大阪大学)
 5)「漸化式を使っていろいろな現象を数学にしてみよう!」 長山 雅晴(北海道大学)

第11回 数学キャラバン 2014.11.9
 1)「あなたと創るこれからの錯視の科学」 北岡 明佳(立命館大学)
 2)「リズムと模様の数学」 北畑 裕之(千葉大学)
 3)「生物と数学とロボットと」 小林 亮(広島大学)

第10回 数学キャラバン 2014.08.09
 1)「サイン・コサインとレーザースキャンプロジェクター」 池田 勉(龍谷大学・教授)
 2)「視覚と錯覚の数理とその応用」 新井 仁之(東京大学・教授)
 3)「つながりかたの数学」 荒井 迅 (北海道大学・准教授)
 4)「数学で読み解く生物リズムとシンクロ〜時差ボケや不整脈の秘密〜」 郡 宏(お茶の水女子大学・准教授)& 北畑 裕之(千葉大学・准教授)

第9回 【広がる数学W in 岡山】  2013.11.17

 ◆講演会レポート(別窓で開きます)

 1)「微分方程式で数理モデルを楽しもう −現象の数式化と微分方程式−」 杉山 由恵(九州大学・教授)
 2)「キーパーソンは誰だ? 重要情報をランキングする数学」 郡 宏(お茶の水女子大学・准教授)
 3)「リズムと模様の数学」 北畑 裕之(千葉大学・准教授)
 4)「無限和 1+2+3+・・・の値とその先に見えるもの」 中筋 麻貴(上智大学・准教授)
 5)「三つ編みとハンドミキサーの不思議な関係 −位相カオスの世界−」 坂上 貴之(京都大学・教授)

第8回 【拡がりゆく数学 in 尾道】  2013.11.16

 1)「キーパーソンは誰だ? 重要情報をランキングする数学」 郡 宏(お茶の水女子大学・准教授)
 2)「リズムと模様の数学」 北畑 裕之(千葉大学・准教授)

第7回 数学キャラバン 2013.01.13
 1)「微分で遊ぼう −分数階の微分−」 清水 扇丈(静岡大学・教授)
 2)「ひとつの方程式が魅せる多様でカラフルな『解』−コンピュータシミュレーションで流体現象をビジュアルに再現する−」 小紫 誠子(日本大学・准教授)
 3)「情報通信を支える1つの数学 〜符号理論、始めの1歩」 原田 昌晃
 4)「でたらめさの数学」 荒井 迅

第6回 数学キャラバン 2013.01.05

 当日配布資料(10MB)
 文部科学広報(2012/12月号抜粋版)(8MB)

※発表データダウンロード
 冒頭挨拶「JST数学キャラバンの紹介」
 1)「情報通信を支える1つの数学 〜符号理論、始めの1歩」 原田 昌晃
 2)「リズムとパターンの数理」 北畑 裕之
 3)「拡がりゆく数 〜 複素数という蕾(つぼみ)」 濱野 佐知子(福島大学)
 4)「サイン・コサインとレーザー走査型プロジェクター」 池田 勉
 休憩中デモ「シンクロ実験!」 郡 宏


第5回 数学キャラバン 2012.06.17

※発表データダウンロード
 1)「サイン・コサインとレーザー走査型プロジェクター」 池田 勉
 2)「シャボン玉とシャボン膜の数学」 小磯 深幸
 3)「情報通信を支える1つの数学 〜符号理論、始めの1歩」 原田 昌晃
 4)「数学で読み解く生物リズムとカオス」 郡 宏

第4回 数学キャラバン 2011.10.23
 1)「高校で学ぶ楕円で『見える』特殊相対性理論」 内田 康晴(倉敷古城池高校)
 2)「数学の限界について、数学的に考える」  蓮尾 一郎
 3)「数学で解明する液滴の形 −局面の変分問題と自然現象−」 小磯 深幸
 4)「コンピューターでインフルエンザウイルスの変異を予測する」  伊藤 公人
 5)「血液の流れを数学で診るには?」 水藤 寛

第3回 数学キャラバン 2011.10.09
 1)「格子戸から見る原子の世界 〜モワレの数学入門」 西浦 廉政
 2)「数学で解明!? 目の錯覚」  新井 仁之
 3)「情報通信を支える1つの数学 〜符号理論、始めの1歩」 原田 昌晃
 4)「コンピューターで方程式を『解く』 〜『地球最大の冒険』を成功させるために」  中村 健一(金沢大学)
 5)「血液の流れを数学で診るには」 水藤 寛

第2回 数学キャラバン 2011.05.14
※発表データダウンロード
 1)「読み・書き・数学」入門 西浦廉政
 2)「やわらかい穴から形をみてみよう」  平岡裕章
 3)「楽して計算するには 〜計算を科学する〜」 牧野和久
 4)「数学で読み解く生物リズムとカオス」 郡 宏

第1回 数学キャラバン 2011.02.20
 1)「数学と医学のホットな関係」 水藤 寛
 2)「偶然と必然のあいだに」 荒井 迅
 3)「数学の限界について、数学的に考える」  蓮尾 一郎
 4)「現象を理解するための数理モデル 〜数学で皮膚モデルをつくろう〜」 長山 雅晴