2017年3月
(研究開発の俯瞰報告書)環境分野(2017年)/CRDS-FY2016-FR-03
エグゼクティブサマリー

 本書では、環境分野を「人が関わる空間および生態系を一つのシステムとして理解し、顕在化した事象への対処のみならず起こりうる事象を予測し対処することで、人と自然の営みを維持・発展させるための研究開発分野」と定義する。環境分野はあらゆる学問領域が関わるだけでなく、その目的を実現するために研究者のみならず社会を構成する全ての組織や個人が課題を認識・共有し活動に取り組む必要がある。研究開発にあたっては、個々の要素技術のみならず、課題の解決に必要な複数の要素技術を組み合わせ最適化し、その導入のために社会の受容性や制度設計なども含めて総合的に検討することが求められる。また、環境分野で対象とする現象や課題は地球規模であり、国際的な体制の構築や取り組みへの貢献も不可欠である。

 以上の特徴を踏まえ、「気候変動区分」、「環境汚染・健康区分」、「生物多様性・生態系区分」、「循環型社会区分」の4 区分を設定、動向を把握すべき主要な15 の研究開発領域を抽出し、研究開発の動向やトピックス、研究開発課題、国際ベンチマークをまとめた。

 目次
研究開発の俯瞰報告書 環境分野(2017年)
関連報告書