2015年4月
(研究開発の俯瞰報告書)システム科学技術分野(2015年)/CRDS-FY2015-FR-06
エグゼクティブサマリー

 科学技術の成果を、社会的価値を実現するイノベーションにつなげるには、多くの場合、システムを介することが必要である。工業製品だけでなく、交通機関や電気、水道、ガス等のライフライン、電話やインターネット等の通信など、さまざまな形のシステムがあらゆる側面でわれわれの生活を支えている。このような状況の下、システムに要求される機能や性能は社会が発展していくにつれて高まり、それを満たすシステムはより複雑かつ大規模なものとなり、「よいシステム」を社会に構築していくためには数多くの新しい問題を解決しなければならなくなってきている。この解決を担う科学技術が「システム科学技術」である。
 システム科学技術を「システムを正確に解析し望ましいシステムを構築・管理するための科学的な基盤と、それを達成するための技術的な手法の総体」と定義し、独自の視点(俯瞰の枠組)に基づきシステム科学技術のあり方とその振興のための戦略を検討してきた。その結果、本報告書では7つを俯瞰区分として抽出して取りまとめたものである。

 報告書ダウンロード(PDF)
研究開発の俯瞰報告書 システム科学技術分野(2015年)
関連報告書