2015年4月
(研究開発の俯瞰報告書)ライフサイエンス・臨床医学分野(2015年)/CRDS-FY2015-FR-03
エグゼクティブサマリー

 ライフサイエンス・臨床医学分野は、健康・医療をはじめ、食料、環境など広範な社会基盤の形成に寄与する研究開発領域である。当該分野の戦略的な推進はわが国の健康・医療政策や農林水産政策などの国家戦略などにも影響を及ぼすため、国内外の研究開発動向のみならず政策動向までを含めたライフサイエンス・臨床医学分野の全体像を把握することは、当該分野の研究開発戦略の立案において肝要である。
 本書は、科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST-CRDS)が、第一線で活躍する研究者あるいは当該領域における活動を代表する有識者の協力を得て、諸外国の研究動向も併せたライフサイエンス・臨床医学分野の全体像を広く俯瞰し、調査した結果をまとめたものである。

 報告書ダウンロード(PDF)
研究開発の俯瞰報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野(2015年)
  • 全文PDF [PDF:30.2MB]

  • 研究開発の俯瞰報告書(2015) ライフサイエンス・臨床医学分野の概要 [PDF:0.6MB]

  • エグゼクティブサマリー [PDF:2.0MB]

  • 目次 [PDF:0.4MB]

  • 1. 目的と構成 [PDF:1.3MB]
  •    1.1 「研究開発の俯瞰報告書」作成の目的
       1.3 構成
       1.2 俯瞰対象分野設定
       1.4 2013年版(第二版)からの変更点

  • 2. 俯瞰対象分野の全体像 [PDF:3.3MB]
  •    2.1 分野の範囲と構造
       2.2 分野の歴史、現状と今後の方向性

  • 3. 研究開発領域 [PDF:6.0MB]
  •     俯瞰対象分野に存在する主要な研究開発領域の現状を概説し、領域ごとの国際比較も行っています。(以下、※印は領域名を示しています)
  • 3.1 基礎生命科学 [PDF:1.9MB]
  •    ※ゲノム、バイオインフォマティクス、エピゲノム、老化、免疫、代謝、発生・再生科学、脳科学、臓器連関、
         生物時計、バイオメカニクス、分子イメージング

  • 3.2 次世代基盤技術 [PDF:2.0MB]
  •    ※in silico 創薬技術、構造生命科学、システムズバイオロジー(創薬)、トランスオミクス(統合オミクス解析)、
         新規バイオマーカー、マイクロバイオーム、創薬スクリーニング技術、メディシナルケミストリー、
         ドラッグ・リポジショニング、剤型技術(徐放化など)、ゲノム編集、モデル細胞、モデル動物、生体イメージング

  • 3.3 医薬品など [PDF:1.8MB]
  •    ※低分子医薬品、中分子医薬品、高分子医薬品(抗体医薬)、高分子医薬品(核酸医薬)、がん免疫治療、治療ワクチン、
         遺伝子治療、再生医療、レギュラトリーアイエンス(医薬品)

  • 3.4 医薬・介護・福祉機器 [PDF:1.6MB]
  •    ※診断機器、治療機器、介護・福祉機器、ウエアラブルデバイス、レギュラトリーサイエンス(医療機器)

  • 3.5 健康医療全般 [PDF:2.4MB]
  •    ※疫学・コホート、循環器疾患、がん、免疫疾患、感染症、精神疾患、神経疾患、感覚器指揮官、運動器疾患、小児疾患、希少疾患、
         医療情報、臓器シミュレーター、個別化医療、予防、医療経済評価、医療技術評価、健診・健康管理、医療保障制度

  • 3.6 グリーンバイオ [PDF:2.0MB]
  •    ※作物増産技術、持続型農業、高機能高付加価値作物、食費何千保証概念の変革と政策対応への課題、
         バイオリファイナリー、化成品原料/バイオ化学品、バイオ医薬品・食料原料、資源・レアメタル回収、
         生物多様性・生態系、生体適応、環境浄化

  • 3.7 ヒトと社会 [PDF:1.7MB]
  •    ※ヒト由来試料、幹細胞・再生医科学に伴う倫理的、法的、社会的課題、脳・神経倫理、リテラシー・アウトリーチ、
         被験者保護、終末期医療・ケア

  • 付録 [PDF:1.4MB]
  •    (付録1) 執筆協力者一覧
       (付録2) 専門用語解説
       (付録3) 索引
       (付録4) 研究開発の俯瞰報告書(2015年) 全分野で対象としている研究開発領域一覧
関連報告書