[本文]

CRDSの方法論

CRDSにおける研究開発戦略の立案プロセスと活動の位置付け

 CRDSでは、以下の図のような流れで、研究開発戦略の立案を行っています。

 すなわち、科学・技術分野の俯瞰による重要な研究開発領域・課題群の抽出、社会的期待の俯瞰による重要な社会的期待の抽出、さらには海外における研究開発動向や国際比較に関する調査結果を活用することで、戦略プロポーザル等の作成を行っています。

 戦略プロポーザルや研究開発の俯瞰報告書等の成果物は、JST各事業のみならず、文部科学省や内閣府等の各府省や産学官の関係機関に提供され、科学技術基本計画等の科学技術イノベーション政策の策定や関係府省における各種施策化の基礎資料等として役立てられます。

CRDSにおける研究開発戦略の立案プロセスと活動の位置付け


関連リンク

  • FacebookもチェックFacebook
  • 研究開発戦略ローンチアウト
  • 野依センター長室から
  • CRDSフェローが解説!科学技術最新のサイエンス
  • SciREX 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」
  • 研究倫理HP