[本文]

過去の新着情報一覧

2017年10月19日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第7回コラム「IoTとCPSとREALITY 2.0」を掲載しました。
2017年10月10日
「野依センター長室から」にコラム「(19) わが研究人生のつじつま合わせ」を掲載しました。
2017年10月10日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第6回コラム「ゲノム編集 −DNAを「狙って」「切る」。はさみがもたらすインパクトとは。−」を掲載しました。
2017年10月10日
(採用情報)研究開発戦略センター(CRDS)では、科学技術政策イノベーション政策の立案にかかる業務(ライフサイエンス・臨床医学分野)を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。詳しくは、採用情報のページをご覧ください
2017年10月3日
俯瞰ワークショップ報告書「エネルギー基盤技術(工学)」を掲載しました。
2017年10月3日
ワークショップ報告書「自然科学と人文・社会科学との連携を具体化するには:平成28年度ワークショップ」を掲載しました。
2017年10月3日
「Symposium Proceedings : Exploring a New Liberal Arts Culture for Science and Society in the 21st Century」(英語版)を掲載しました。
2017年10月3日
ワークショップ報告書「若手ワークショップ:21世紀の社会と科学のフロンティア」を掲載しました。
2017年10月3日
「平成24年度報告書 社会的期待と研究開発領域の邂逅に基づく「課題達成型」研究開発戦略の立案」を掲載しました。
2017年9月22日
「戦略プロポーザルカタログ2004〜2017」を掲載しました。
2017年9月22日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第5回コラム「トランプ政権における科学技術政策について」を掲載しました。
2017年9月22日
JSTフェア2017 CRDSセミナー「世界のトレンドから見えてくるイノベーションのチャンス」の当日発表資料を掲載しました。
2017年9月7日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第4回コラム「気候変動の予測 〜モデル開発と観測〜」を掲載しました。
2017年9月4日
「野依センター長室から」にコラム「(18) 研究の評価、研究者の評価(その3) 研究は人間の営みそのものである」を掲載しました。
2017年9月4日
サイエンスアゴラ2016 ブース出展「教えて!科学技術への期待」(2016年11月3日〜11月6日開催)の報告書(PDF形式)を掲載しました。
2017年8月21日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第3回コラム「ロボット基盤技術 〜人に寄り添うスマートロボットを目指して〜」を掲載しました。
2017年8月10日
「野依センター長室から」にコラム「(17) 研究の評価、研究者の評価(その2) 論文引用数は信頼できる評価指標か」を掲載しました。
2017年8月3日
「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」に第2回コラム「IoTセキュリティー」を掲載しました。
2017年7月28日
G-Tec報告書「研究開発の俯瞰報告書(2017年)に基づく科学技術力の国際比較 各国の科学技術力についてのマクロ的な考察」を掲載しました。
2017年7月20日
「研究開発の俯瞰報告書」における注目すべき研究開発領域の解説記事を中心としたコラム「CRDSフェローが解説 ! 最新のサイエンス」を開設しました。
第1回コラム「腸内細菌を科学する 〜サイエンスと医療の革新〜」を掲載しました。
2017年7月20日
「野依センター長室から」にコラム「(16) 研究の評価、研究者の評価(その1) 評価は主観である」を掲載しました。
2017年7月18日
戦略プロポーザル「未来エネルギーネットワークの基盤技術とエネルギー需要科学 〜2050年超の一般家庭でのエネルギー需給構造変化に向けて〜」を掲載しました。
2017年7月18日
俯瞰ワークショップ報告書「フューチャーグリーン2050」を掲載しました。
2017年7月18日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書「未来エネルギーネットワークと需要科学 〜2050年超の一般家庭でのエネルギー需要構造の変革時代到来に向けて〜」を掲載しました。
2017年7月18日
CRDSでは、JSTフェア2017CRDSセミナー「世界のトレンドから見えてくるイノベーションのチャンス」(2017年8月31日開催)を開催いたします。セミナーのプログラムや参加お申し込みについてはこちらをご覧ください。
2017年6月30日
2017年3月7日開催 CRDSシンポジウム「IoT/AI時代にむけたテクノロジー革新 −大変革時代の新機軸とは−」開催報告書(PDF形式)を掲載しました。
2017年6月26日
「野依センター長室から」にコラム「(15) 「協働型研究開発コモンズ」がイノベーション効果をもたらす」を掲載しました。
2017年6月26日
海外トピック情報「米国:2018年度米国大統領予算教書 研究開発予算の概要」を掲載しました。
2017年6月5日
「野依センター長室から」にコラム「(14) 研究経費の非効率性の脱却を」を掲載しました。
2017年5月22日
戦略プロポーザル「我が国における拠点形成事業の最適展開に向けて −組織の持続的な強みの形成とイノベーションの実現のために−」を掲載しました。
2017年5月15日
「野依センター長室から」にコラム「(13) わが国の科学社会は「集合知の時代」へ対応できるか」を掲載しました。
2017年5月1日
第12回CRDSアドバイザリー委員会(2016年12月開催)について、「評価と助言を受けて」(PDF形式)を掲載しました。
2017年4月28日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 台湾編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年4月26日
海外調査報告書のページ「ロシアの宇宙開発」「ロシアの原子力開発」を掲載しました。
2017年4月21日
「野依センター長室から」にコラム「(12) 国益に向けた大学と産業界の協力体制(その2)」を掲載しました。
2017年4月19日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 カナダ編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年4月17日
研究開発の俯瞰報告書2017年(エネルギー分野環境分野システム・情報科学技術分野ライフサイエンス・臨床医学分野ナノテクノロジー・材料分野主要国の研究開発戦略本編 概要版)を掲載しました。
2017年4月13日
「野依センター長室から」にコラム「(11) 国益に向けた大学と産業界の協力体制(その1)」を掲載しました。
2017年4月11日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 オランダ編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年4月10日
戦略プロポーザル「植物と微生物叢の相互作用の研究開発戦略 −理解の深化から農業/物質生産への展開−」を掲載しました。
2017年4月10日
戦略プロポーザル「トポロジカル量子戦略 〜量子力学の新展開がもたらすデバイスイノベーション〜」を掲載しました。
2017年4月10日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会「材料設計・制御〜物質科学の未来戦略(新物質・新機能創出の観点から)〜」を掲載しました。
2017年4月10日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 トポロジカル量子戦略 〜量子力学の新展開がもたらすデバイスイノベーション〜を掲載しました。
2017年4月10日
政策セミナー「21世紀の科学的知識と科学技術イノベーション政策」シリーズ 座談会録「21世紀の科学・社会を支える 新たな教養のあり方を考える」を掲載しました。
2017年4月10日
書籍「科学をめざす君たちへ 変革と越境のための新たな教養」の紹介ページを掲載しました。
2017年4月4日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 イタリア編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年3月31日
ワークショップ報告書「Future Services & Societal Systems in Society 5.0」(英語報告書)を掲載しました。
2017年3月29日
俯瞰ワークショップ報告書「未来のエネルギー社会のビジョン検討」を掲載しました。
2017年3月27日
調査報告書「欧州における科学技術イノベーションネットワーク形成とデータ連結・拡張の動向」を掲載しました。
2017年3月23日
海外トピック情報「米国:2018年度大統領予算案骨子における研究開発関連予算の概要」を掲載しました。
2017年3月23日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会「バイオ・ライフとナノテク・材料の融合領域」を掲載しました。
2017年3月21日
国または地域別の科学技術動向調査の最新結果をまとめた「海外の科学技術事情」のページを新設しました。
2017年3月21日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 オーストラリア編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年3月21日
海外調査報告書「科学技術・イノベーション動向報告 スイス編(2016年度版)」を掲載しました。
2017年3月21日
海外トピック情報「第31回 アメリカ人工知能学会 報告」を掲載しました。
2017年3月21日
CRDSシンポジウム「IoT/AI時代にむけたテクノロジー変革」(2017年3月7日開催)の当日の講演資料(一部)をプログラムのページに掲載しました。残りの講演資料も後日掲載します。
2017年3月15日
「野依センター長室から」にコラム「(10) 大学は公教育と「学術研究」の場である」を掲載しました。
2017年3月2日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 全体会議 「研究開発力強化に向けた施策間連携」を掲載しました。
2017年2月24日
「野依センター長室から」にコラム「(9)科学技術政策と大学、国立研究開発法人の役割」を掲載しました。
2017年2月24日
CRDSシンポジウム「IoT/AI時代にむけたテクノロジー変革 −大変革時代の新機軸とは−」(2017年3月7日開催)は、定員に達したため、申込受付を終了しました。多くの方々のお申込、誠にありがとうございました。
2017年2月13日
海外トピック情報 「米国:NSFが未来に向けて投資すべき10大アイデア」 を掲載しました。
2017年2月3日
書籍「インドの科学技術情勢 −人材大国は離陸できるのか−」の紹介ページを掲載しました。
2017年1月31日
CRDSシンポジウム「IoT/AI時代にむけたテクノロジー変革 −大変革時代の新機軸とは−」(2017年3月7日開催)のホームページを開設しました。プログラム等の詳細についてはこちらのページをご覧ください。
2017年1月26日
海外トピック情報 「【速報】米国トランプ大統領就任演説について」 を掲載しました。
2017年1月26日
海外調査報告書 「高い被引用回数の論文を著した研究者に関する調査報告書 〜中国の研究者を一例として〜」 を掲載しました。
2017年1月25日
「野依センター長室から」にコラム「(8) 研究教育費配分の格差」を掲載しました。
2017年1月12日
「野依センター長室から」の講演録等に、「野依センター長からCRDSメンバーへの年頭挨拶」(PDF形式)を掲載しました。
2017年1月10日
「野依センター長室から」にコラム「(7) 研究者の多様性と流動性、そして若手の機会」を掲載しました。
2017年1月4日
JSTの広報誌「JST News」(2017年1月号) にCRDSに関する特集「イノベーション創出の先導役―CRDS」(PDF形式)が掲載されました。
2016年12月26日
(お知らせ)CRDSでは、2017年3月7日(火)に シンポジウム「IoT/AI時代にむけたテクノロジー革新〜大変革時代の新機軸とは」を開催します。詳細については後日、本サイトでお知らせいたします。
2016年12月26日
俯瞰ワークショップ報告書 「環境分野の研究開発の概況」 を掲載しました。
2016年12月20日
(採用情報) CRDSでは、フェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2017年1月20日)
  @海外(主としてフランス・欧州連合(EU))の科学技術イノベーション政策動向調査等の各種業務担当
  A科学技術イノベーション政策に関する調査・分析等の各種業務担当
2016年12月19日
「野依センター長室から」にコラム「(6)あるべき大学教員人事」を掲載しました。
2016年12月14日
海外調査報告書のページに「各国の科学技術情勢」計11ヶ国(ロシア、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)の報告書を掲載しました。
2016年12月5日
「野依センター長室から」にコラム「(5)大学は「徒弟制度」からの脱却を」を掲載しました。
2016年11月18日
「野依センター長室から」にコラム「(4)理系大学院生の生活権を「超ブラック企業」から守ろう」を掲載しました。
2016年11月7日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会 「ナノエレクトロニクス」 - ポストムーアに向けた技術展望 - を掲載しました。
2016年11月2日
海外トピック情報 「米国:オバマ政権の科学技術イノベーション成果100選」を掲載しました。
2016年11月2日
Global Technology Comparison on specific topics "A Comparative Study on Space Technology in the World(2015)"(英文報告書)を掲載しました。
2016年10月17日
「野依センター長室から」にコラム「(3)大学院こそが科学技術力の源泉(その1)(その2)」を掲載しました。
2016年10月11日
海外トピック情報 「2016年米国大統領候補 科学技術政策について」を掲載しました。
2016年10月4日
ワークショップ報告書 「健康長寿社会日本」のためのバイオメカニクス研究 を掲載しました。
2016年9月28日
「野依センター長室から」にコラム「(2)教育研究を経営する」を掲載しました。
2016年9月27日
調査報告書 「医療・介護データ活用のための情報科学と社会基盤」を掲載しました。
2016年9月14日
化学工学会 第48回秋季大会 特別シンポジウム「分離工学イノベーション」の要旨集(PDF形式)を掲載しました。
2016年9月14日
Overseas Research Report "Innovation through knowledge transfer in Germany, United States, United Kingdom and France"(英文報告書)を掲載しました。
2016年9月9日
「野依センター長室から」に講演録を2件掲載しました。
2016年9月6日
野依センター長からの情報発信を行う新コーナー「野依センター長室から」を開設しました。
コラム「野依良治の視点」に「はじめに」 「(1)国立大学は「国有大学」ではない」 を掲載しました。
2016年9月1日
JSTフェア2016 CRDSセミナー「英国EU離脱の最新情報と欧州の橋渡し政策;近未来イノベーションの主役AI、スマートロボット、グリーンバイオ」の当日発表資料を掲載しました。
2016年8月22日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会 「ナノテクノロジーのELSI/EHS」を掲載しました。
2016年8月18日
平成27年度検討報告書「自然科学と人文・社会科学の連携に関する検討 ―対話の場の形成と科学技術イノベーションの実現に向けて―」を掲載しました。
2016年8月10日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会「社会インフラ 〜持続的な維持管理への対応技術〜」を掲載しました。
2016年8月8日
「戦略プロポーザルカタログ2004〜2016」を掲載しました。
2016年7月28日
書籍「米国の国立衛生研究所NIH −世界最大の生命科学・医学研究所−」の紹介ページを掲載しました。
2016年7月15日
調査報告書 「我が国における拠点形成事業の展開 〜課題と展望〜」を掲載しました。
2016年7月12日
研究開発戦略センター 年度成果報告書(平成27年度)(PDF形式)を掲載しました。
2016年7月5日
G-TeC報告書 「世界の宇宙技術力比較(2015年度)」を掲載しました。
2016年7月1日
海外トピック情報 「【速報】英国のEU 離脱が科学技術分野に与える影響を考えるための参考情報」(PDF形式)を掲載しました。
2016年6月24日
2016年2月26日開催 CRDSシンポジウム「ICTがもたらす新たな社会」開催報告書(PDF形式)を掲載しました。
2016年6月8日
「研究開発の俯瞰報告書 研究開発の新しい動向(2016年)」を掲載しました。
2016年6月6日
ワークショップ報告書 「自然科学と人文・社会科学との連携に関するワークショップII −対話の場の形成と科学技術イノベーションの実現に向けて−」を掲載しました。
2016年5月23日
俯瞰ワークショップ報告書 「平成27年度 環境科学技術分野 最新研究開発動向」を掲載しました。
2016年5月23日
俯瞰ワークショップ報告書 「エネルギーネットワーク・統合システム(EMS、スマートグリッド)」を掲載しました。
2016年4月21日
トップページに「フェローの活動状況」を新設しました。CRDSフェローによる講演や寄稿等の活動や成果の活用状況などについて随時掲載していきます。
2016年4月15日
報告書のページをリニューアルしました。各報告書についてサマリーや関連する報告書を記載したページを追加しました。
2016年4月12日
研究開発の俯瞰報告書 主要国の研究開発戦略(2016年)(PDF形式:14.3MB)を掲載しました。
2016年4月12日
科学技術・イノベーション動向報告〜EU編〜(2015年度版)(PDF形式:3.7MB)を掲載しました。
2016年4月7日
戦略プロポーザル 第5期科学技術基本計画期間において求められる研究費制度改革 〜関連する方策の現状と研究力強化に向けた今後の方向性〜(PDF形式:9.2MB)を掲載しました。
2016年4月7日
調査報告書 グリーンバイオ分野における研究開発の重要課題と統合的推進 〜イノベーション創出と持続可能な社会の形成へ向けて〜(PDF形式:26.6MB)を掲載しました。
2016年4月7日
海外調査報告書 主要国における橋渡し研究基盤整備の支援(PDF形式:5.9MB)を掲載しました。
2016年4月5日
戦略プロポーザルのページに以下3件の報告書を掲載しました。
戦略プロポーザル ナノ・IT・メカ統合によるロボット基盤技術の革新〜人に寄り添うスマートロボットを目指して〜(PDF形式:3.5MB)
戦略プロポーザル 分離工学イノベーション〜持続可能な社会を実現する分離の科学技術〜(PDF形式:3.8MB)
戦略プロポーザル 微生物叢(マイクロバイオーム)研究の統合的推進 〜生命、健康・医療の新展開〜(PDF形式:10.0MB)
2016年4月5日
ワークショップ報告書のページに以下6件の報告書を掲載しました。
俯瞰ワークショップ報告書 平成27年度エネルギー科学技術分野 最新研究開発動向(PDF形式:30.7MB)
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 非定常時を想定した環境科学・技術の体系化とその応用(PDF形式:8.7MB)
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 「ナノ・IT・メカ統合によるスマート小型ロボット基盤技術」(PDF形式:14.9MB)
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 分離工学イノベーション(PDF形式:12.1MB)
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 領域別分科会「材料設計・制御〜物質科学の未来戦略(物性物理の観点から)〜」(PDF形式:4.7MB)
科学技術未来戦略ワークショップ報告 ヒト微生物叢(microbiome)に関する研究開発戦略のあるべき姿(PDF形式:17.6MB)
2016年4月5日
調査報告書のページに以下2件の報告書を掲載しました。
調査報告書 ビジネス・ロジスティクス研究開発の現状に関する調査報告書(PDF形式:5.2MB)
調査報告書 科学技術イノベーション政策の科学における政策オプションの作成 〜 ICT分野の政策オプション作成プロセス 〜(PDF形式:7.6MB)
2016年4月5日
G-TeC報告書 研究開発の俯瞰報告書(2015年)等に基づく科学技術力の国際比較 各国の科学技術力についてのマクロ的な考察(PDF形式:0.7MB)を掲載しました。
2016年4月5日
第11回CRDSアドバイザリー委員会(2015年12月開催)について「評価と助言を受けて」(PDF形式:215KB)を掲載しました。
2016年3月24日
戦略プロポーザル IoTが開く超スマート社会のデザイン ― REALITY 2.0 ―(PDF形式:5.7MB)を掲載しました。
2016年3月24日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 知のコンピューティング「知の創造とアクチュエーション」(PDF形式:11.5MB)を掲載しました。
2016年3月24日
海外調査報告書 科学技術・イノベーション動向報告 インド編(PDF形式:2.3MB)を掲載しました。
2016年3月22日
2017年度米国大統領予算教書 科学技術予算の概要(PDF形式、4.3MB)を掲載しました。
2016年3月16日
調査報告書 米国「科学イノベーション政策のための科学」の動向と分析(PDF形式:17.2MB)を掲載しました。
2016年3月11日
2016年2月26日開催 CRDSシンポジウム「ICTがもたらす新たな社会」の当日発表資料を掲載しました。詳しくはこちらをご参照下さい。
2016年3月4日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 「IoTが開く超スマート社会のデザイン」(PDF形式:20.1MB)を掲載しました。
2016年2月15日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 「IoTが開く超サイバー社会のデザイン ‐Reality2.0‐」サミット(PDF形式:50.4MB)を掲載しました。
2016年2月9日
戦略プロポーザル 「次世代ものづくり 〜高付加価値を生む新しい製造業のプラットフォーム創出に向けて〜」(PDF形式: 5.8 MB)を掲載しました。
2016年2月9日
海外動向報告 「米国オバマ大統領一般教書演説 2016」(PDF形式:0.7 MB)を掲載しました。
2016年2月3日
海外調査報告書 「主要国と中国の科学技術協力」(PDF形式:2.0MB)を掲載しました。
2016年1月28日
CRDSシンポジウム 「ICTがもたらす新たな社会」(2016年2月26日開催)のページを開設しました。シンポジウムの詳細や参加お申し込みについてはこちらを参照下さい。
2016年1月28日
調査報告書 「分野別の科学技術イノベーション政策の俯瞰の試み」(PDF形式:4.5MB)を掲載しました。
2016年1月18日
「Nanotechnology and Materials R&D in Japan (2015): An Overview and Analysis」(PDF形式: 8.5MB)を掲載しました。
2016年1月5日
海外動向報告のページに「各国の科学技術情勢」計8ヶ国(ブラジル、ドイツ、EU、フランス、英国、インド、米国、南アフリカ)の報告書を掲載しました。
2015年12月8日
情報科学技術がもたらす社会変革への展望 − REALITY 2.0の世界のもたらす革新 −(PDF形式:6.8MB)を掲載しました。
2015年12月3日
EU:FP7事後評価報告書の概要(速報)(PDF形式:0.3MB)を掲載しました。
2015年12月3日
ワークショップ報告書 JST/CRDS・中国科学技術信息研究所共催「次世代製造技術の研究開発政策」(PDF形式:10.4MB)を掲載しました。
2015年11月17日
海外動向報告のページに以下5件の資料を掲載しました。
中国:「中国製造2025」の発布に関する国務院の通知の全訳(PDF形式:1.9MB)
主要国における橋渡し研究基盤整備の支援〜英国・中国・米国の事例 中間報告(PDF形式:1.8MB)
米国:米国イノベーション戦略2015年概要(更新版)(PDF形式:0.9MB)
米国:2017年度予算の科学技術優先事項(PDF形式:1.4MB)
米国:2016年度大統領予算教書における研究開発予算の概要(PDF形式:3.3MB)
2015年11月10日
調査検討報告書「システム科学技術を用いた予測医療による健康リスクの低減」に関する研究開発戦略(PDF形式:4.3MB)を掲載しました。
2015年10月15日
戦略プロポーザルカタログ2004〜2015(日本語版)、及び英語版(PDF形式:1.6MB)を掲載しました。
2015年10月15日
海外調査報告書「ASEAN諸国の科学技術情勢」(英語版)(PDF形式:4.5MB)を掲載しました。
2015年10月8日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書「次世代型の健康リスクマネジメントを実現する健康医療システムの構築」(PDF形式:15.8MB)を掲載しました。
2015年9月18日
研究開発戦略センター(CRDS)では、海外の科学技術政策動向調査の各種業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2015年10月27日)
2015年9月3日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書「社会変動予測と社会システム構築のための社会シミュレーションの展望」を掲載しました。
2015年8月10日
書籍「ASEANの科学技術情勢」の紹介ページを掲載しました。
2015年7月10日
研究開発戦略センター 年度成果報告書(平成26年度)(PDF形式:6.6MB)を掲載しました。
2015年7月2日
中間報告書 科学技術イノベーション実現に向けた自然科学と人文・社会科学の連携 ―21世紀の社会と科学技術の変容の中で―(PDF形式:2.0MB)を掲載しました。
2015年7月1日
野依新センター長からのご挨拶を掲載しました。こちらのページをご覧下さい。
2015年6月3日
研究開発の俯瞰報告書2015年(本編 概要編、環境・エネルギー分野、ライフサイエンス・臨床医学分野、情報科学技術分野、ナノテクノロジー・材料分野、システム科学技術分野)を掲載しました。各報告書についてはこちらのページをご覧下さい。
2015年6月1日
6月1日付で研究開発戦略センター(CRDS)のセンター長に野依良治が就任しましたのでお知らせいたします。
2015年5月18日
研究開発戦略センター(CRDS)では、科学技術政策の立案(主に環境・エネルギー分野)にかかる業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2015年6月30日)
2015年5月15日
G-TeC報告書 エネルギー分野の科学技術イノベーション(PDF形式:1.3MB)を掲載しました。
2015年5月13日
研究開発戦略センター(CRDS)では、科学技術政策の立案(主にナノテクノロジー・材料分野)にかかる業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2015年6月30日)
2015年5月12日
中間報告書 変動の時代に対応する科学技術イノベーション政策のためのエビデンスの整備と活用に向けて(PDF形式:19.5MB)を掲載しました。
2015年5月1日
未来研究トーク 実施報告書(2012〜2014年度)(PDF形式:42.7MB)を掲載しました。
2015年4月9日
研究開発戦略センター(CRDS)では、「科学技術イノベーション政策のための科学」の事業推進に関する各種業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2015年5月11日)
2015年4月9日
俯瞰ワークショップ報告書「ライフサイエンス・臨床医学分野」(PDF形式:45.7MB)を掲載しました。
2015年4月9日
俯瞰ワークショップ報告書「ライフサイエンス・臨床医学分野 〜主にグリーンバイオ分野を中心に〜」(PDF形式:58.9MB)を掲載しました。
2015年4月9日
調査報告書「ゲノム編集技術」(PDF形式:78.1MBMB)を掲載しました。
2015年4月7日
科学技術・イノベーション動向報告〜フランス編〜(2014年度版)(PDF形式:5.9MB)を掲載しました。
2015年4月7日
科学技術・イノベーション動向報告〜英国編〜(PDF形式:5.0MB)を掲載しました。
2015年4月7日
科学技術・イノベーション動向報告〜ドイツ〜(PDF形式:4.1MB)を掲載しました。
2015年4月2日
研究開発の俯瞰報告書 主要国の研究開発戦略(2015年)(PDF形式:15.8MB)を掲載しました。
2015年4月2日
G-TeC報告書 主要国における次世代製造技術の研究開発に係る政策動向(PDF形式:6.8MB)を掲載しました。
2015年4月2日
海外動向報告書 ASEAN諸国の科学技術情勢(2014年)(PDF形式:5.3MB)を掲載しました。
2015年3月30日
G-TeC報告書「研究開発の俯瞰報告書(2013年)等に基づく科学技術力の国際比較 各国の科学技術力についてのマクロ的な考察」(PDF形式:2.8MB)を掲載しました。
2015年3月27日
戦略プロポーザル 「産学共創ソーシャルイノベーションの深化に向けて」(PDF形式:2.8MB)を掲載しました。
2015年3月20日
戦略プロポーザル 「反応プロセス革新 〜イオンと電子の制御による中低温域の革新的化学反応〜」(PDF形式:2.2MB)を掲載しました。
2015年3月19日
戦略プロポーザル 「ナノスケール熱制御によるデバイス革新 − フォノンエンジニアリング −」(PDF形式:5.2MB)を掲載しました。
2015年3月19日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 「フォノンエンジニアリング - ナノスケール熱制御によるデバイス革新 -」(PDF形式:14.0MB)を掲載しました。
2015年3月19日
CRDSの活動と成果に対する「第10回アドバイザリー委員会による評価と助言」(PDF形式:181KB)を掲載しました。 また、この評価と助言を受けたCRDSの対応の方向性として「評価と助言を受けて」(PDF形式:50KB)を併せて掲載しました。
2015年3月6日
中間報告書 科学技術イノベーション政策の俯瞰 〜科学技術基本法の制定から現在まで〜(PDF形式:6.7MB)を掲載しました。
2015年2月24日
ワークショップ報告書 「2014年度システム科学技術分野 俯瞰ワークショップ報告書」(PDF形式:3.8MB)を掲載しました。
2015年2月23日
ワークショップ報告書 「科学技術イノベーション実現に向けた自然科学と人文・社会科学との連携に関するワークショップ」(PDF形式:4.4MB)を掲載しました。
2015年2月5日
俯瞰ワークショップ報告書 ナノテクノロジー・材料分野 「全体構想会議」(PDF形式:4.4MB)を掲載しました。
2015年2月3日
2014年11月7日開催CRDSシンポジウム「科学技術イノベーションにおける『統合化』」報告書(PDF形式:3.5MB)を掲載しました。また、当日の各登壇者の講演録もシンポジウムプログラムのページに掲載しています。
2015年1月27日
科学技術未来戦略ワークショップ「中低温域作動の革新的反応と材料ワークショップ」報告書(PDF形式:9.9MB)を掲載しました。
2015年1月9日
海外動向報告(ドイツ)「次世代製造技術の研究開発 ドイツ編」(PDF形式:1.8MB)を掲載しました。
2015年1月8日
研究開発戦略センター(CRDS)では、ライフサイエンス・臨床医学分野にかかる業務を担うフェロー(任期制契約職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2015年2月10日)
2014年12月24日
調査報告書「次世代ものづくり 〜基盤技術とプラットフォームの統合化戦略〜<中間とりまとめ>」(PDF形式:6.5MB)を掲載しました。
2014年12月24日
ナノテクノロジー・材料分野 俯瞰ワークショップ報告書「バイオナノテクノロジー領域分科会」(PDF形式:39.3MB)を掲載しました。
2014年12月8日
科学技術未来戦略ワークショップ「高効率エネルギー利用未来都市の実現に向けた課題達成型研究開発構想ワークショップ」報告書(PDF形式:10.4MB)を掲載しました。
2014年12月1日
システム科学検討会ワークショップ報告書「システム構築方法論 −現在の到達点と今後の課題−」(PDF形式:15.8MB)を掲載しました。
2014年11月27日
中間報告書 「我が国の研究費制度に関する基礎的・俯瞰的検討に向けて 〜論点整理と中間報告〜」(PDF形式:47.8MB)を掲載しました。
2014年11月26日
科学技術未来戦略ワークショップ「知のコンピューティングとELSI/SSH」報告書(PDF形式:35.4MB)を掲載しました。講演の動画も公開しています。
2014年11月12日
2014年11月7日開催CRDSシンポジウム「科学技術イノベーションにおける『統合化』」の当日プレゼン資料を掲載しました。詳しくはこちらのページをご覧下さい。
2014年11月12日
ワークショップ報告書 「JST/CRDS・中国科学技術信息研究所共催研究会 〜日中若手トップレベル研究者を取り巻く研究環境〜」(PDF形式:10.6MB)を掲載しました。
2014年10月30日
研究開発戦略センター(CRDS)では、「科学技術イノベーション政策のための科学」の事業推進に関する各種業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2014年12月1日)
2014年10月27日
書籍「北京大学と清華大学 歴史、現況、学生生活、優れた点と課題」が刊行されました。
2014年10月7日
戦略プロポーザルカタログ2004〜2014を掲載しました。
2014年9月30日
ワークショップ報告書 「社会課題/ニーズをとらえた研究開発戦略の立案方法等に関するワークショップ」(PDF形式:4.4MB)を掲載しました。
2014年9月30日
平成26年度調査報告書「米国のEngineering Research Centers(ERC)― 融合型研究センターのFederal Flagship Scheme ―」(PDF形式:16.8MB)を掲載しました。
2014年9月17日
海外動向報告(ドイツ)「アクションプラン「Industrie 4.0」- 製造業高度化プロジェクトの概要 -」(PDF形式:5.5MB)を掲載しました。
2014年9月17日
海外動向報告(ドイツ)「科学技術イノベーション基本政策「新ハイテク戦略」(速報)」(PDF形式:0.4MB)を掲載しました。
2014年9月17日
海外動向報告「ロシアの科学技術情勢」(PDF形式:1.3MB)を掲載しました。
2014年9月4日
海外動向報告「米国DARPA(国防高等研究計画局)の概要(ver.2)」(PDF形式:5.1MB)を掲載しました。
2014年8月28日
ナノテクノロジー・材料分野 俯瞰ワークショップ報告書 ものづくり基盤技術分科会(PDF形式:38.2MB)を掲載しました。
2014年8月26日
戦略プロポーザル 課題解決型研究開発の提言(1) 都市から構築するわが国の新たなエネルギー需給構造(PDF形式:8.0 MB)を掲載しました。
2014年8月26日
戦略プロポーザル 課題解決型研究開発の提言(2) 強靭で持続可能な社会の実現に向けた社会インフラ統合管理システムの研究(PDF形式:3.4 MB)を掲載しました。
2014年8月26日
戦略プロポーザル 課題解決型研究開発の提言(3) ヒトの一生涯を通した健康維持戦略 −特に胎児期〜小児期における先制医療の重要性−(PDF形式:7.5MB)を掲載しました。
2014年8月26日
2014年AAAS年次大会CRDS主催シンポジウム報告書 Report on CRDS Symposium Session at 2014 AAAS Annual Meeting (PDF形式:8.4MB)を掲載しました。
2014年8月26日
ナノテクノロジー・材料分野 俯瞰ワークショップ報告書 ナノ計測技術領域分科会(PDF形式:32.2MB)を掲載しました。
2014年8月13日
海外動向報告「米国:2016年度予算の科学技術優先事項」(PDF形式:0.7)を掲載しました。
2014年8月11日
Strategic Proposals 2004-2014(英文、PDF形式:2.5 MB ※Web版の掲載のみ)を掲載しました。
2014年7月17日
研究開発戦略センター 年度成果報告書(平成25年度)(PDF形式:5.6 MB)を掲載しました。
2014年7月17日
Report on the Future Perspective (Asian edition) Information Science and Technology Field (FY2013) (PDF形式:6.0MB)を掲載しました。
2014年7月14日
研究開発の俯瞰報告書  「本編 概要版(2013年)第2版」(PDF形式:7.9MB)を掲載しました。
2014年7月14日
研究開発の俯瞰報告書に込められたメッセージ「社会と科学技術を結び付けるために」(研究開発戦略センター センター長 吉川弘之)(PDF形式:0.3MB)を掲載しました。
2014年7月10日
「社会的期待に応える研究開発戦略の立案 ―未来創発型アプローチの試行―」(PDF形式:5.2MB)を掲載しました。
2014年7月1日
戦略プロポーザル「知のコンピューティング 〜人と機械の創造的協働を実現するための研究開発〜」(PDF形式:3.5MB)を掲載しました。
2014年6月25日
「科学技術国際シンポジウム報告書 イノベーションを牽引するシステム科学技術 〜日米中の動向に学ぶ〜」(PDF形式:12.6MB)を掲載しました。
2014年6月23日
「米国ARPA-E(エネルギー高等研究計画局)の概要」(PDF形式:0.7MB)を掲載しました。
2014年6月20日
海外(主に米国・インド)の科学技術・イノベーション政策動向についての調査業務を担うフェロー(任期制職員)を募集しています。(※募集は終了しました。2014年7月25日)
2014年6月6日
ナノテクノロジー・材料分野 俯瞰ワークショップ報告書 物質・材料領域分科会(PDF形式:10.5MB)を掲載しました。
2014年6月2日
戦略プロポーザル「インタラクティブバイオ界面の創製」〜細胞の動態解析制御を可能にするバイオデバイス基盤技術〜(PDF形式:2.1MB)を掲載しました。
2014年6月2日
科学技術未来戦略ワークショップ「インタラクティブバイオ界面の創製」―バイオ分子・細胞の動態解析制御を可能にするナノバイオデバイス基盤技術― 報告書(PDF形式:32.2MB)を掲載しました。
2014年6月2日
研究開発の俯瞰報告書(2013年)論文の動向から見る俯瞰対象分野(PDF形式:4.3MB)を掲載しました。
2014年5月21日
デイリーウォッチャーをJST内の他サーバに移転しました。今後はこちらをご利用ください。
2014年5月1日
科学技術未来戦略ワークショップ 社会インフラ強靭化のための研究開発戦略(PDF形式:5.0MB)を掲載しました。
2014年4月30日
戦略プロポーザル チームコラボレーションの時代 ―産学共創イノベーションの深化に向けて―(PDF形式:3.2MB)を掲載しました。
2014年4月30日
調査報告書 ―チームコラボレーションの時代の取組み― 産学共創イノベーション事例(PDF形式:3.2MB)を掲載しました。
2014年4月25日
米国:2015年度大統領予算教書における研究開発予算の概要(PDF形式:1.85MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版(PDF形式:18.3MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野(2013年)第2版(PDF形式:13.4MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 電子情報通信分野(2013年)第2版(PDF形式:12.6MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 ナノテクノロジー・材料分野(2013年)第2版(PDF形式:32.8MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 システム科学技術分野(2013年)第2版(PDF形式:15.3MB)を掲載しました。
2014年4月15日
研究開発の俯瞰報告書 主要国の研究開発戦略(2014年)(PDF形式:15.6MB)を掲載しました。
2014年4月15日
科学技術・イノベーション動向報告 EU編〜2013年度版〜(PDF形式:1.9MB)を掲載しました。
2014年4月9日
将来展望調査報告書【アジア編】情報科学技術分野(2013年度)(PDF形式:1.6MB)を掲載しました。
2014年4月9日
プログレスレポート 未来研究トーク(2013年度)(PDF形式:6.8MB)を掲載しました。
2014年4月7日
海外調査報告書 競争力のある小国の科学技術動向(PDF形式:3.7MB)を掲載しました。
2014年4月3日
G-TeC報告書 世界の宇宙技術力比較 (2013年)(PDF形式:0.9MB)を掲載しました。
2014年4月3日
科学技術・イノベーション動向報告 韓国編〜2013年度版〜(PDF形式:8.2MB)を掲載しました。
2014年4月3日
戦略プロポーザル 東京オリンピック・パラリンピック2020の先を見据えて(PDF形式:1.9MB)を掲載しました。
2014年4月2日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 胎児期〜乳幼児期(小児期含む)に着目した先制医療の精緻化(PDF形式:30.8MB)を掲載しました。
2014年4月2日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 先制医療のための自己再生システムに関する基盤技術の開発〜これからの再生医療研究のあり方〜(PDF形式:31.5MB)を掲載しました。
2014年4月2日
戦略プロポーザル 先制的自己再生医療の確立に向けた基盤的研究の推進〜これからの再生医療研究のあり方〜(PDF形式:2.7MB)を掲載しました。
2014年4月2日
調査検討報告書 革新的バイオ医薬品(PDF形式:35.5MB)を掲載しました。
2014年4月1日
G-TeC報告書 持続可能なエネルギーの未来;米英独仏のエネルギービジョンと研究戦略(PDF形式:3.8 MB)を掲載しました。
2014年3月26日
ナノテクノロジー・材料分野「俯瞰ワークショップ 光(フォトニクス・オプティクス)領域分科会」報告書(PDF形式:11.4MB)を掲載しました。
2014年3月13日
戦略プロポーザル「共通利用可能な分野横断型リスク知識プラットフォームと運用体制 〜リスク社会に対応する知識の構造化を目指して〜」(PDF形式:4.4MB)を掲載しました。
2014年3月7日
科学技術未来戦略ワークショップ「知のコンピューティング:知のコミュニティ」(PDF形式:6.4MB)を掲載しました。
2014年2月28日
海外動向報告「米国:米国科学審議会「科学工学指標2014年版」の概要」(PDF形式:1.0MB)を掲載しました。
2014年2月28日
海外動向報告「米国:オバマ大統領一般教書演説2014」(PDF形式:0.6MB)を掲載しました。
2014年2月21日
海外動向報告「EU:Horizon 2020の概要」(PDF形式:0.8MB)を掲載しました。
2014年2月5日
産学共創イノベーション事例に関するワークショップ報告書(PDF形式:7.5MB)を掲載しました。
2014年2月5日
調査検討報告書「NIHを中心にみる米国のライフサイエンス・臨床医学研究開発動向」(PDF形式:3.9MB)を掲載しました。
2014年2月3日
科学技術未来戦略ワークショップ「知のコンピューティング:知のプラットフォーム」(PDF形式:20.3MB)を掲載しました。
2014年1月28日
科学技術未来戦略ワークショップ報告書「共通利用可能な分野横断リスク関連知識プラットフォームと利用体制」(PDF形式:8.8MB)を掲載しました。
2014年1月27日
CRDSの企画運営室では、フェローの専門的業務を支援する業務アシスタント(調査・研究職ではありません)を募集しています。(※募集は終了しました。2014年2月7日)
2014年1月14日
1月1日付の人事異動により、田中一宜氏に代わり、曽根 純一氏(物質・材料研究機構、理事)が、ナノテクノロジー・材料ユニットの上席フェローに就任しました。
2013年12月25日
科学技術未来戦略ワークショップ「知のコンピューティング:知のメディア」(PDF形式:9.0 MB)を掲載しました。
2013年12月9日
研究開発の俯瞰報告書「本編 概要版(2013年)」(PDF形式:18.5MB)を掲載しました。
2013年12月3日
2013年12月3日 「電子情報通信ユニット」の名称を「情報科学技術ユニット」に変更しました。詳しくは こちら(PDF形式:318KB)をご参照ください。
2013年11月7日
CRDSの活動・成果に対する、第9回アドバイザリー委員会による評価結果(PDF形式:238KB)を掲載しました
2013年11月7日
科学技術未来戦略ワークショップ「知のコンピューティング ―人と機械が共創する社会を目指して―」(PDF形式:22.3 MB)を掲載しました。
2013年10月31日
プログレスレポート「システム構築型イノベーションの重要性とその実現に向けて」(PDF形式:2.6 MB)を掲載しました。
2013年10月28日
革新的熱技術に関するワークショップ報告書(PDF形式:9.6 MB)を掲載しました。
2013年10月25日
中低温熱利用の高度化に関する技術調査報告書(PDF形式:12.8 MB)を掲載しました。
2013年10月10日
主要国のファンディング・システム研究会報告書(PDF形式:12.8 MB)を掲載しました。
2013年10月07日
米国:2015年度予算科学技術優先事項(PDF形式:0.6 MB)を掲載しました。
2013年09月04日
研究開発戦略センター 年度成果報告書(平成24年度)(PDF形式:4.2 MB)を掲載しました。
2013年09月04日
最新の戦略プロポーザルカタログ(2004〜2013)を掲載しました。
2013年09月03日
戦略プロポーザル「データ科学との連携・融合による新世代物質・材料設計研究の促進(マテリアルズ・インフォマティクス)」(PDF形式:3.0 MB)を掲載しました。
2013年08月26日
データを活用した設計型物質・材料研究(マテリアルズ・インフォマティクス)ワークショップ報告書(PDF形式:21.9MB)を掲載しました。
2013年08月23日
2013年AAAS年次大会CRDS主催シンポジウム報告書を掲載しました。タイトルは、Toward Bridging the Duality of Science: Seed-push, Issue-driven, or "Encounter"?です。詳しくはこちら(PDF形式:12.1MB)を参照ください。
2013年08月05日
新しいデザインのホームページへリニューアルしました。今後、さらにコンテンツを充実させてゆきます。

関連リンク

  • FacebookもチェックFacebook
  • 研究開発戦略ローンチアウト
  • 野依センター長室から
  • CRDSフェローが解説!科学技術最新のサイエンス
  • SciREX 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」
  • 研究倫理HP