JSTトップ >中国総合研究交流センター >調査研究 > 研究会・サロン・シンポジウム

CRCC研究会・研究サロン・シンポジウム

CRCC研究会

image

開催実績

第108回 「中国の科学技術政策て」(2017.9.4開催)

第107回 中国知財戦略研究会シンポジウム「日中知財の新たな交流を目指して」(2017.7.24開催)

第106回 シンポジウム「日中科学技術協力の新たな途を拓く」(2017.7.3開催)

第105回 「中国一帯一路構想と中国政治」徐 静波(2017.6.16開催)

第104回 「外国人留学生の受け入れと日本経済・日本企業に対する貢献に関する調査報告」柯 隆(2017.5.31開催)

第103回 「高い被引用回数の論文を著した研究者に関する調査―中国の研究者を一例として―」林 幸秀、樋口 壮人、周 少丹(2017.4.7開催)

第102回 「飛躍的発展段階に入った中国の宇宙開発」辻野 照久(2017.3.17開催)

第101回 シンポジウム「中国原子力開発の現状と動向」(2017.2.22開催)

第100回 「中国経済の変化:起業を通じたイノベーション」木村 公一朗(2016.12.12開催)

第99回 「有力大学における中国人学生の留学動向」名子 学(2016.11.7開催)

第98回 「汪婉駐日中国大使館参事官講演会・青年委員会対談」汪 婉(2016.10.21開催)

第97回 「アメリカから見た中国」泉 裕泰(2016.9.28開催)

第96回 「中国の少子高齢化と人口政策について」尹 豪(2016.7.15開催)

第95回 「中国の科学技術は日本を抜いたか?」沖村 憲樹(2016.6.24開催)

第94回 「長期化する環境汚染、顕在化する健康リスク―政策・社会対応の動向」大塚 健司(2016.5.18開催)

第93回 「主要国と中国の科学技術協力について」林 幸秀、周 少丹(2016.4.26開催)

第92回 シンポジウム「現代のシルクロード構想と中国の発展戦略」(2016.2.22開催)

第91回 「中国都市化の現状と挑戦」周 牧之(2016.1.18開催)

第90回 「『一帯一路』と中国の対外発展戦略」江原 規由(2015.12.7開催)

第89回 「中国の産学官連携」近藤 正幸(2015.11.4開催)

第88回 「中国の海洋開発技術動向」磯﨑 芳男(2015.10.15開催)

第87回 「中国の原子力発電状況~福島原子力事故対応の軌跡から」渡辺 搖(2015.9.28開催)

第86回 「中国における食料安全問題と企業の対応」大島 一二(2015.8.24開催)

第85回 「中国の宇宙開発動向 2015」辻野 照久(2015.6.15開催)

第84回 「中国における産学連携と知的財産上の課題」篠部 正治(2015.5.21開催)

第83回 「中国の環境問題―現状と課題」染野 憲治(2014.4.9開催)

第82回 「中国環境保護法の改正と法執行への影響」汪 劲、北川 秀樹(2015.3.12開催)

第81回 特別企画 中国研究シンポジウム2015「中国経済の最新動向と日中関係」(2015.2.12開催)

第80回 「中国の科学技術政策の現状と課題」姚 建年、穆 栄平(2015.2.10開催)

第79回 「2015年の中国―習近平政権の行方」津上 俊哉(2015.1.15開催)

第78回 「中国市場の現場から」服部 健治(2014.12.18開催)

第77回 「中朝関係の実相を探る」平井 久志(2014.11.13開催)

第76回 「中国の安全保障戦略と軍事」安田 淳(2014.10.9開催)

第75回 「習近平政権の中国外交」青山 瑠妙(2014.9.25開催)

第74回 NPO法人東京都日中友好協会共催 東京都・北京市友好都市提携35周年記念講演会(2014.9.4開催)

第73回 「China Today:その深層に迫る」毛里 和子(2014.7.17開催)

第72回 「新疆ウイグル自治区での相互理解促進30年」小島 康誉(2014.6.4開催)

第71回 「中国共産党第十八回三中全会“決定”: 新しい管理戦略と改革綱領」張 小勁(2014.5.22開催)

第70回 「習近平政権期の国家と社会」小嶋 華津子(2014.4.10開催)

第69回 「メディアが作る相手国イメージ―日中対立の一側面―」高井 潔司(2014.2.05開催)

第68回 「日中産官学連携研究の成功事例」高橋 五郎(2014.1.29開催)

第67回 「今、日中両国に問われていること」丹羽 宇一郎(日中平和友好条約締結35周年講演、2013.12.6開催)

第66回 「中国政治の光と影-習近平体制の課題と展望-」(シンポジウム、2013.11.13開催)

第65回 「中国のエネルギー政策および発展動向」白 泉(2013.10.17開催)

第64回 「中国の経済協力:現状と課題」北野 尚宏(2013.9.11開催)

第63回 「中国の人口変動と労働市場の構造変化」厳 善平(2013.8.29開催)

第62回 「習近平政権下のエネルギー環境政策と日中協力の課題」周 瑋生(2013.7.18開催)

第61回 「英国人学者からみた日中関係」Edward Vickers(2013.6.12開催)

第60回 「どのような企業が中国から離れるのか?中小企業の視点から」袁 堂軍(2013.5.16開催)

第59回 「円・人民元直接交換取引の開始とアジアの通貨戦略」露口 洋介(2013.4.19開催)

第58回 「中国マスメディアの実態と微博革命」蔡 成平(2013.3.21開催)

第57回 「習近平政権の政策と課題」(シンポジウム、2013.2.6開催)

第56回 「日本人が知らない中国の現状」富坂 聰(2013.1.16開催)

第55回 「激変期の北東アジア地域協力の行方-日中韓FTAを視野に-」李 鋼哲(2012.12.6開催)

第54回 「中国系グローバル企業の実態-ZTEの経営と技術-」大和 敏彦(2012.11.8開催)

第53回 「習近平体制と中国のゆくえ」矢吹 晋(2012.10.11開催)  

第52回 「中国スマートコミュニティ市場の開拓について」後藤 雄三(2012.7.25開催)

第51回 「人民元の国際化」杜 進(2012.6.20開催)  

第50回 「中国経済の現状と課題―経済発展パターンの転換は実現可能か―」田中 修(2012.5.24開催)

第49回 「今後の中国原子力政策と原発開発の動向」李 春利(2012.4.12開催) 

第48回 「COP17が中国の気候変動への対応と生物多様性の保全に及ぼす影響および課題」李 建華(2012.1.19開催)

第47回 「中国第12次5カ年計画環境分野の重点解説と日中水環境協力の総括」小柳 秀明 / 趙 華林(2011.12.12開催)

第46回 「中国のエネルギー問題と省エネ・炭素削減政策―“第11次5ヶ年計画”の総括と“ 第12次5ヶ年計画”への展望」
朱 躍中(2011.11.17開催)

第45回 「中国のデジタル・コンテンツ分野における産業クラスター戦略-浙江省・杭州におけるイノベーション・システム-」
税所 哲郎(2011.7.26開催)

第44回 「中国科学院と日本の学術交流と協力」邱 華盛(2011.6.30開催)

第43回 「中国低炭素社会構築に向けた今後のエネルギー戦略」李 志東(2011.6.30開催)

第42回 「ポスト胡錦濤の中国経済の行方-日本企業にとってのチャンスとリスク」柯 隆(2011.5.19開催)

第41回 「高度経済成長下の中国環境問題-十二五計画が示す処方箋-」小柳 秀明(2011.4.20開催)

第40回 「中国の排出権取引現状およびその最新動向」範 雲涛(2011.2.3開催)

第39回 「中国と日本の科学技術力比較の現状」林 幸秀(2010.12.22開催)

第38回 「日中協力のあり方および今後の課題―漁船衝突事件が残した教訓は何か」朱 建栄(2010.11.18開催)

第37回 「日本の中小製造業は中国市場に活路を見出すことができるのか」鄭 剣豪(2010.10.22開催)

第36回 「低炭素の経済発展 -日中協力の新たな分野」薛 進軍(2010.9.17開催)

第35回 「万博後の中国経済の行方を読む」呉 軍華(2010.8.20開催) 

第34回 「中国の省エネ対策と国内排出量取引対応」明日香 壽川(2010.7.22開催)

第33回 「移動通信における中国の自主イノベーション~第三世代と『山寨機』」丸川 知雄(2010.6.24開催)

第32回 「中国環境ビジネス市場とその攻略法」大野木 昇司(2010.5.26開催)

第31回 「中国の海洋開発および大型科学技術インフラ、中国全体のインフラ整備」工藤 君明(2010.4.22開催)

第30回 「中国の宇宙開発について」辻野 照久(2010.4.15開催)

第29回 「中国の原子力開発について」永崎 隆雄(2010.4.8開催)

第28回 「低炭素社会の構築に向けて」小宮山 宏(2010.4.2開催)

第27回 「中国の科学技術力について(総論編)」林 幸秀 / 阪 彩香(2010.3.18開催)

第26回 「中国の知的財産権制度と運用および技術移転の現状」 馬場 錬成 / 羊 建中(2010.3.11開催)

第25回 「『中国が日本を救う』~中国の成長を取り込むために中国への対応はいかにあるべきか~」
和中 清(2010.2.10開催)

第24回 「ポスト京都を巡る中国の動きと今後の展望-中国の低炭素戦略とCOP15への対応-」周 瑋生(2009.12.3開催)

第23回 「中国における内需拡大について」劉 徳強(2009.11.19開催)

第22回 「金融危機に立ち向かう中国経済ー政策と課題」柯 隆(2009.10.8開催)

第20回 「中国経済の現状と課題-世界的金融危機を乗り越えて」関 志雄(2009.8.6開催)

第19回 「中国宇宙開発分野およびフロンティアサイエンス分野の研究現状」窪田 秀雄 / 盧 蕩(2009.7.23開催)

第18回 「中国の環境・資源・エネルギー分野および社会基盤分野の研究現状」曹 雪飛 / 窪田 秀雄(2009.7.9開催)

第17回 「中国電子情報通信および製造技術の研究現状」鄧 納 / 金 徳万( 2009.6.25開催) 

第16回 「中国ライフサイエンスおよびナノテクノロジー・材料分野の研究現状」胡 俊杰 / 阪野 ももこ(2009.6.11開催)

第15回 「中国の原子力開発」窪田 秀雄(2009.5.14開催)

第14回 「日中大学間交流」井口 隆史 / 高部 英明(2009.3.11開催)

第13回 「中国におけるハイテク産業パークの背景、現状及び最新動向」張 輝(2009.1.30開催)

第12回 「中国医学と西洋医学の臨床での共通点および中国医学の特殊性」 孫 樹建 / 渡辺 賢治(2008.11.17開催)

第11回 「如何にイノベーション型国家を作るか~日中共通人材の共同育成について」任 福継(2008.10.30開催)

第10回 「中国知財実務上の課題と戦略」王 琦 / 王 継文 / 鞠 文軍 / 杜 少輝(2008.7.29開催)

第09回 「時代と共に発展する東南大学」浦 躍朴 / 李 愛群 / 顧 忠沢 / 趙 春傑(2008.6.5開催)

第08回 「中国の科学技術政策および基礎研究助成金配分の仕組み」姚 建年(2008.3.25開催)

第07回 「バイオミメティックスに学ぶ機能材料、他」江 雷 / 顧 忠沢 / 只 金芳(2008.2.26開催)

第06回 「日中科学技術学術交流の将来展望」李 磊(2008.1.23開催)

第05回 「新中間層が牽引する中国市場」徐 向東(2007.9.3開催)

第04回 「中国経済と産業発展の展望」沈 才彬(2007.4.16開催)

第03回 「中国の科学技術政策の概要と国際科学技術協力」姜 小平(2007.2.8開催)

第02回 「変貌する日中知財政策 産業発展と知財政策の歴史的変遷から中国における知財政策の将来を予測する」
服部 正明(2006.12.4開催)

第01回 「中国国家自然科学基金委員会(NSFC)の概要と国際協力」張 英蘭(2006.8.9開催)

中国研究サロン

image

開催実績

第24回 「建築領域における再生可能エネルギー技術の研究と応用について」譚 洪衛(2017.3.27開催)

第23回 「PISAから見た中国教育最新事情」樋口 理央(2017.1.13開催)

第22回 中国知網共催「中国情報データベースサービスの活用と可能性」(2017.1.11開催)

第21回 特別企画 現代中国公開講座「中国、膨張の中の不安」田中 修、趙 宏偉(2016.11.12開催)

第20回 「法律実務からみた中国経済・日中経済交流の変貌」康 石(2016.10.28開催)

第19回 「日中における大学事情の比較~大学運営の視点から~」安保 正一(2016.9.16開催)

第18回 「中国のIT事情~インターネット+をめぐって」山谷 剛史(2016.4.14開催)

第17回 「習近平政権 3年目の真実」中澤 克二(2016.3.24開催)

第16回 「習近平政治は特異なのか:習近平政権の国内政治と対外行動」加茂 具樹(2015.11.16開催)

第15回 「安倍談話と日中関係」鈴木 美勝(2015.9.14開催)

第14回 「中国は、今まさに知日の時代」呉 寄南(2015.7.03開催)

第13回 「『一帯一路』構想と中国外交の変貌」呉 寄南(2015.5.14開催)

第12回 「日本ファンと抗日ドラマ」青樹 明子(2015.04.16開催)

第11回 「和解学」シンポジウム実行委員会国際シンポジウム「『和解学』への学際的アプローチ:方法論と応用」
(2014.11.30開催)

第10回 「北京大学と清華大学~歴史、現況、学生生活、優れた点と課題~」林 幸秀(2014.7.3開催)

第09回 「大学・学生から見る中国の動向と将来 —現場からの報告—」宮内 雄史(2014.10.2開催)

第08回 「だから、今、中国」加藤 嘉一(2014.7.03開催)

第07回 「中国はどこへゆく」國分 良成(2013.12.11開催)

第06回 「人類の歴史の本流と日中関係」西原 春夫(2013.11.27開催)

第05回 「日中交流の過去、現在、未来」白西 紳一郎(2013.11.14開催)

第04回 「中国は脅威か」天児 慧(2013.10.23開催)

第03回 「習近平政権下の政治情勢」宮本 雄二(2013.10.9開催)

第02回 「日中摩擦時代に備えた今後の日中ビジネス新展開」範 雲涛(2013.7.25開催)

第01回 「中国の草の根を見つめる」麻生 晴一郎(2013.5.24開催)

シンポジウム

image

開催実績

調査研究