独 立行政法人科学技術振興機構(JST)は、2011年8月7日から8月13日に韓国大田広域市(テジョン市)で開催される第5回アジアサイエンスキャンプ に派遣する物理、化学、生物分野の科学に興味を持つ、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、大学、大学校の生徒または学生(高3-大学2年相当)を募集 します。

アジアサイエンスキャンプとは

ア ジアサイエンスキャンプは、ノーベル賞学者や世界のトップレベルの研究者による講演、講演者がリードするディスカッションセッションなどにより、アジアか らの参加学生が直接科学の面白さを体験し、また学生同士の交流を深める場です。2005年のリンダウ会議の際、小柴昌俊博士(2002年ノーベル物理学賞 受賞者)とYuan T.Lee博士(1986年ノーベル化学賞受賞者)の間で、アジアの若者のためにトップレベルの学者と若い学生の交流プログラムを始めたいと発案されまし た。 これまで、台北(2007年)、バリ島(2008年)、つくば(2009年)、ムンバイ(2010年)で開催されました。

アジアサイエンスキャンプ2011(Asia Science Camp 2011)

第5回のアジアサイエンスキャンプは2011年8月7日から8月13日まで韓国、大田広域市(テジョン市)のKAIST(韓国科学技術院,Korea AdvanceInstitute of Science andTechnology)で開催されます。
JSTは日本の対応機関として、アジアサイエンスキャンプ2011への日本からの派遣員の募集と選抜、韓国の組織委員会への推薦を行います。
派遣員の滞在に係わる費用は韓国の組織委員会が用意し、最寄り駅から韓国までの交通をJSTが用意いたしますので、参加される方の費用負担は最寄り駅までの移動交通費のみです。
世界のトップレベルの科学者から講義を受けて、アジア各国の仲間たちと出会うことができるチャンスです。参加を希望される方は、下記の募集要項にしたがって奮ってご応募ください。

主な講師(予定)

  • Zhores Alferov博士(ロシア、2000年ノーベル物理学賞受賞)
  • Aaron Ciechanover博士(イスラエル、2004年ノーベル化学賞受賞)
  • Eun Seong Kim博士(韓国)
  • Seong Keun Kim博士(韓国)
  • Young-Kee Kim博士(韓国)
  • 小林誠(Makoto Kobayashi)博士(日本、2008年ノーベル物理学賞受賞)
  • Roger Kornberg博士(米国、2006年ノーベル化学賞受賞)
  • 李遠哲(Yuan Tseh Lee)博士(台湾、1986年ノーベル化学賞受賞)
  • 林志民(Jim Jr-Min Lin)博士(台湾)
  • Douglas Osheroff博士(米国、1996年ノーベル物理学賞受賞)
  • Stuart Parkin博士(米国)

関連ホームページ

☆アジアサイエンスキャンプホームページ2011(韓国)
    http://newton.kias.re.kr/asc2011/

過去のイベントページ
☆アジアサイエンスキャンプ2010ホームページ
    http://www.hbcse.tifr.res.in/asc2010

募集要項

募集人数:20名程度
科学に興味をもち、英語による議論、講演など全日程に参加できる者。
サイエンスキャンプ開始時点で、日本国内の高等学校または高等専門学校の3年生と中等教育学校の後期課程の6年生を派遣員として募集します。また、積極的に派遣員をリードする役割として、高等専門学校の4~5年生または大学、大学校の1~2年生を募集します。

応募書類:
  1. アジアサイエンスキャンプ2011参加申込書
    ダウンロードして記入(6月16日更新)
  2. 成績証明書
    →現在所属する学校(大学1年生の場合は卒業時)の成績証明書または通知簿の写し。また、英語の能力を証明できるもの(資格等)があれば、その証明書の写しも添付。
  3. 担任、あるいは指導教員による推薦書
    →現在所属する学校または高校時代の担任に、英語の能力、科学にたいする興味、プログラムに参加する意欲等について記述してもらってください。(様式自由)
    • 教員に推薦書の記述を依頼することが困難な方は、推薦書の提出が困難な理由と自己推薦文を書いて提出してください。
  4. 英語による作文
    →「アジアサイエンスキャンプに期待すること」、「これまでの科学体験」、「私の将来について」をテーマにA4レポート用紙3枚に記述。(様式自由)
    • 上記の3つのテーマを盛り込んで1つのレポートとして仕上げてください。
締め切り:募集を終了しました。
宛先:〒102-0081
東京都千代田区四番町5番地3サイエンスプラザ
独立行政法人 科学技術振興機構 理数学習支援部(才能育成担当)
「アジアサイエンスキャンプ2011」派遣事務局
  • 選考の結果は7月初旬に通知します。選ばれた方は日本からの派遣員として韓国の組織委員会に推薦し、追って組織委員会から招待状が届きます。
  • 応募情報は選考、参加者への連絡等に使用し、サイエンスキャンプ終了後廃棄します。
  • 未成年の参加者は、参加決定後に保護者による承諾書の提出が必要です。
  • 韓国への出入国は日本派遣団としてまとまって行動します。渡航に関わる海外旅行傷害保険についてもJSTが加入いたします。

問合せ先

独立行政法人 科学技術振興機構 理数学習支援部(才能育成担当)
「アジアサイエンスキャンプ2011」派遣事務局 担当:日紫喜・中島
電話:03-5214-7053  FAX:03-5214-7635
E-mail :scamp◎jst.go.jp
(◎を@に変えてください。迷惑メール防止にご協力ください。)

Home








ASC2010(Munbai) ASC2010
(Mumbai)
ASC2009(Tsukuba) ASC2009
(Tsukuba)
ASC2008(Bali) ASC2008
(Bari)