実施機関の取組紹介

実施機関ID 120987
実施機関名 AICJ中学・高等学校 科学チャレンジ同好会
テーマ 世界遺産「宮島」の自然をしらべ、科学オリンピックに出場する

AICJ中学・高等学校科学チャレンジ同好会

活動概要
新設校の本校では、科学オリンピック出場を目指す座学の活動が主でしたが、広島大学と連携で宮島の地学巡検や植物調査をさらに充実させ、宮島の自然を調べます。植物調査で宮島の登山ルートの樹木について調べます。また分子生物実験に習熟し応用に結び付けることを検討します。地学巡検では宮島の花崗岩の風化について調べます。

初年度の取組内容
今年は生物チャレンジに21名受験しました。また、今年度は宮島の植物調査にむけて宮島実験所の協力でクスノキ、カシなどの樹木標本を作成しました。8月に実施する調査当日に葉をみて樹種特定が出来るように下調べをしています。PCRなど分子生物学実験にも習熟し応用させる予定です。11月に行う地学巡検に向けて過年度に作成した薄片標本に含まれている鉱物を顕微鏡で調べています。

活動目標
3年間の活動を通して宮島の異なる登山ルートについて調べ、植生マップと花崗岩の風化マップを作成します。葉から樹種を特定する方法に習熟し、気候や土壌あるいは標高との関係を考察します。また、鉱物顕微鏡の使い方に習熟し、X線による鉱物分析のデータの読み方についても学びます。科学オリンピックに挑戦するだけでなく、宮島の自然を調べ科学シンポジウムなどで発表していきます。

※写真はPCRサーマルサイクラーの組立


とじる