JSTトップ > COIプログラムトップ > 拠点紹介 > ビジョン3 > 共進化社会システム創成拠点

拠点

ビジョン3 共進化社会システム創成拠点

都市OSが創るスマートコミュニティ、新しいまちづくり

プロジェクトリーダー
#プロジェクトリーダー 石原 晋也
石原 晋也
西日本電信電話株式会社
技術革新部研究開発センタ 開発企画担当
担当部長
研究リーダー
研究リーダー 若山 正人
若山 正人
九州大学
理事・副学長
目指すべき将来の姿

目指すべき将来の姿:イメージ図
拠点概要

共進化社会システム創成拠点は、地球規模で進む環境変化、国際化、人口問題等の都市課題を解決し、持続可能な共進化(多様性の共生・進化)社会システムの創成を目指しています。このような社会を実現するために、ビッグデータ・オープンデータなどをマス・フォア・インダストリ(産業数学)に基づく新しい手法によってモデル化し、シミュレーションや最適化を行う都市OS(オペレーティングシステム)を構築します。この都市OSを活用して新しいモビリティシステムやエネルギーシステムを創出し、またオープンな環境を提供することで新たな市民サービスやイノベーションが次々に生み出される社会を実現します。

研究開発テーマ
1.エネルギー
化石エネルギーの大量消費により二酸化炭素が急激に増加し地球温暖化が進行しています。この地球規模の課題に立ち向かうために主に水素エネルギーの分野を中心に、産学官と地域が一体となったエネルギー研究を推進するとともに、未来社会のエネルギーシステムを構想し、技術・産業・社会のパラダイムシフトを先導していきます。また、エネルギー・ICT 関連の技術革新と社会や経済の制度革新を統合することにより、民生部門の省エネ、低炭素化を抜本的に進めています。
2.モビリティ
ヒトやモノの移動に関する諸問題に対して効率的、かつきめ細やかなアプローチで解決を図るために、経済的で環境にやさしく誰もが使える移動手段であるスマート&マルチモーダルモビリティシステムの研究開発を進めています。また、交通結節空間(ハブ空間)を中心に都市リデザインモデルの研究、カーシェアリングに代表される協働・共有型モビリティシステムの開発なども行っています。
3. 市民サービス
女性、高齢者、外国人等の活躍、社会の活力維持を図る環境整備として、電力需要を活用した高齢者見守り、人流センサー等を活用した市街地見守り、サービスロボットによる介護支援、パーソナルモビリティによる移動手段等の研究開発を行っています。またこれらのサービスを実現するための基盤要素技術としてサイバーフィジカルシステム(CPS) や産業数学に基づく解析技術を含む都市OS プラットフォーム、有機デバイス、科学技術イノベーション政策等の研究を推進します。
中核機関 九州大学
参画機関
  • 福岡市
  • 公益財団法人九州大学学術研究都市推進機構
  • 経済産業省九州経済産業局
  • 株式会社正興電機製作所
  • 一般社団法人EDAC
  • 株式会社エナリス
  • 株式会社YEAAH
  • 株式会社日立製作所
  • 日本電気株式会社
  • 公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)
  • 株式会社hapi-robo st
  • JXTGエネルギー株式会社
  • 日産自動車株式会社 総合研究所(アライアンス第二部門)EVシステム研究所
  • 東京ガス株式会社
  • コニカミノルタ株式会社
  • 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団
  • 株式会社オー・エル・エム・デジタル
  • 日本電信電話株式会社
サテライト 横浜国立大学
サテライト参画機関
  • 富士通株式会社
  • 株式会社ナビタイムジャパン
  • 西日本鉄道株式会社
  • 一般財団法人計量計画研究所
  • リレーションズ株式会社
  • 日野自動車株式会社
  • 日産自動車株式会社 総合研究所(アライアンス第二部門)モビリティ・サービス研究所
  • ESRIジャパン株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 富士ゼロックス株式会社
  • パーク24株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 横浜市
サテライト 東京大学
サテライト参画機関
  • 信越化学工業株式会社
  • 静岡ガス株式会社
  • 株式会社エディオン
関連情報 -
お問い合わせ先
九州大学 共進化社会システム創成拠点
電話番号
092-802-6677
Fax番号
092-802-6646
e-mail
メールアドレス


TOP