JST >> 知財活用支援事業 >>大学等知財基盤強化支援(権利化支援・人的サポート) >> 権利化支援 >> 知的財産審査委員会への参加のご案内
研究成果最適展開支援プログラム A-STEP 研究成果展開事業S-イノベ 産学共創基礎基盤研究プログラム 研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 科学技術振興機構 オープンサイエンス方針 科学技術振興機構 研究倫理

知的財産審査委員会への参加のご案内

 大学等知財基盤強化支援<権利化支援>においては、大学等の知財マネジメント強化に向けて、平成28年度より試行的に申請機関である大学等が主体となって知的財産審査委員会の資料作成と説明を行うことを進めております(※1)。

 大学(発明者や知財のご担当者等)側から発明の内容や実用化に向けた構想について、知的財産審査委員会にてご説明いただくことにより、大学における外国出願や技術移転への狙いを審議により直接に反映することが可能となります。また、知的財産審査委員会への参加を通じて、権利化やライセンス活動に参考となる委員会からのコメント等を、今後の知財マネジメントに役立てていただくことも本取組の狙いです。特に、大学等の知財戦略上、重要な特許の申請については、積極的な参加をお待ちしております。また、JSTから参加のお誘いを差し上げる場合もございますのでご了承お願いいたします。

 JSTの特許主任調査員(以下、JST担当調査員)は引き続き、ご申請後の発明者インタビュー、特許調査、資料準備段階からのサポート、知的財産審査委員会参加を行ってまいります。

 参加方法は下記に詳しくご案内いたしますとおり、Web会議システム(無償)がご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

(※1)『知財活用支援事業「大学等知財基盤強化支援<権利化支援>」(外国特許出願支援)に関する平成 28 年度の運用変更のお知らせ』(平成28年3月22日)

1.知的財産審査委員会への参加申込方法について

  • 参加のお申し込み
    • 次の書式のメールでご連絡ください。【重要】件名に「会参加申」の文字列が含まれるメールを自動抽出して受付処理を行っていますので、必ず書式通りのメール送付をお願いいたします。
      • 件名:【####大学】審査委員会参加申込み(S2017-9999-N0)
      • 宛先: kenri@jst.go.jp
      • CC: JST担当調査員
      • 本文中:
        1. 審査委員会日
        2. 案件番号
        3. 参加者名、所属、発明者/知財担当者の区別
        4. 参加タイプ(質疑応答のみ/プレゼン実施)
        5. ”Web会議システム”に関するご担当者(お名前、e-mail、電話)
          ※大学等により知財ご担当者と“Web会議システム”ご担当者が異なる場合があります。
        6. 都合がつかない時間(委員会は午後の開催ですが、もしNGの時間帯があれば)(※2)
        7. 備考(JSTへの連絡事項等)
        (※2)審議開始時刻の決定時期は審査委員会日の約4週間前です。決まり次第、担当調査員からご連絡します。
  • 申込期限
    • 委員会日の5週間前までにお申し込みください。
  • 参加者
    • 大学等及びそれに準ずる機関※の発明者、知財ご担当者、技術移転ご担当者 等
      ※大学等とは、国公私立大学・承認TLO・大学共同利用機関・高等専門学校を指します。参加申込に記載の所属により確認させていただきます。
  • 参加方法
    • 原則として、Web会議システムによるオンライン参加といたします。
    • ただし、セキュリティ対策等の事情によりWeb会議システムの利用開始に時間を要する場合は、経過措置として、知的財産審査委員会開催場所のJST東京本部での参加にて対応いたします。
      JST東京本部の地図 https://www.jst.go.jp/koutsu_map.html

2. 知的財産審査委員会資料の準備

  • 委員会資料の準備
    • JST担当調査員がサポートいたします。ただし、実用化に向けた活動状況のページは申請機関で情報を埋めていただきます。
    • 申請機関で準備される場合は、以下の要領で作成をお願いいたします。(作成中、JST担当調査員がサポートいたします。)
      発表資料作成のポイント発表資料作成のポイントV2.pdf (171KB)

3. 知的財産審査委員会の流れ

  • 発表および質疑応答
    • 知的財産審査委員会の委員は、発表資料を事前に査読した上で審査に臨みますので、申請機関側でご説明される場合、論点を押さえた簡潔な説明をお願いいたします。
    • JST担当調査員が主に説明や質疑応答をする、質疑応答は申請機関が行う、などの役割分担による参加も可能です。
  • 審議の流れ 申請課題についての説明(7分)※3 発明についての説明 申請いただいた発明の内容について、特許化の観点から簡潔にご説明いただきます。
    先行技術や競合技術との比較も盛り込んだアピールをお願いいたします。
    実用化に向けた展開について 想定される製品や市場、それに向けた検討や研究、国プロ等の進展、
    技術移転の計画や進捗等、準備状況も含めてお聞かせください。
    質疑応答(13分)※3 審査委員からの発明の特許性、有用性などについての質問に対応いただきます。
    質疑応答で得られた知見は、権利化やライセンス活動にもお役立てください。
    採否審議 申請機関がWeb会議システムをご退室後、採否決定の審議を行います。 結果速報のご連絡 JST担当調査員より審査委員会の結果を電話にてお伝えします。
    (※3)申請機関側でご説明される場合は、申請課題についての説明10分、質疑応答10分とします。
    時間配分は今後見直す可能性があります。

4. オンライン参加のご利用について

まずは接続テストだけでも歓迎しておりますので、お気軽にお問合せください。

  • Web会議システム(無償)
    • システム名:「V-CUBE ミーティング 5」(株式会社ブイキューブ)
    • パソコン、Webカメラおよびマイク(またはヘッドセット)は申請機関でご用意いただきます。
  • 初回、オンライン参加される場合には、委員会開催の3週間前までにWeb会議システム手順書にしたがいJST知的財産審査委員会事務局と接続テストを行っていただきます。委員会当日の通信時間は直前の接続確認と審議の合計30分程度です。
    Web会議システム手順書Web会議システム手順書V5.pdf (1,287KB)
(最終更新日:2017年7月20日)
 

お問い合わせ先

〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3 サイエンスプラザ
科学技術振興機構
知的財産マネジメント推進部 大学知財支援グループ 知的財産審査委員会事務局
TEL:03-5214-8413 FAX:03-5214-8476 E-mail:※お問い合わせの内容によっては、回答に時間を要する場合があります。