JST >> 知財活用支援事業 >> 知財活用支援事業について

知財活用支援事業について

  • 知財活用支援事業について
J-STORE 新技術説明会 産学連携・技術移転事業 産学官の道しるべ e-seeds.jp 技術シーズ統合検索システム
研究成果最適展開支援プログラム A-STEP 研究成果展開事業S-イノベ 産学共創基礎基盤研究プログラム 研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム 科学技術振興機構 オープンサイエンス方針 科学技術振興機構 研究倫理

知財活用支援事業について

大学等の研究成果の権利化支援、人的サポート、パッケージ化、企業へのライセンス、産学マッチング機会の提供および技術移転人材の育成等を実施しています。
大学等における知財マネジメントの取組、技術移転および産学連携活動を総合的に支援することにより、イノベーション創出に寄与することを目指します。

事業概要図

大学等知財基盤強化支援(権利化支援)

大学等の特許出願であって、大学等が保有することで将来的に技術移転活動及び特許利用の可能性が高いものを、大学等保有のまま外国特許の取得を支援します。PCT出願および指定国移行において、費用面や特許主任調査員による目利き等で総合的に支援します。

大学等知財基盤強化支援(人的サポート)

大学等の知財マネジメントを強化するための特許戦略相談や発明相談、知財マネジメント整備に向けたサポートを行います。

大学等知財基盤強化支援(パッケージ化)〜知財譲受〜

大学等の知財のうち、技術移転やイノベーション創出の期待が持てるが大学等単独では保有困難な特許について、出口を見据えJSTが有償で譲り受けるなどして集約し、大学と協力しながら積極的な活用促進を図ります。

大学等知財基盤強化支援(パッケージ化)〜スーパーハイウェイ〜

集約特許のうち、技術的優位性が高く社会的・経済的波及効果が期待されるものについて、実証検証も行うことで実用化に必要な(周辺)技術の権利化を行い、特許パッケージとしての企業への訴求力を高め早期の活用を図ります。

ライセンス(開発あっせん・実施許諾)

JST名義の特許(知財譲受で集約した特許や、JSTの研究成果により創出された特許)の実施許諾、大学等名義の特許ライセンス(開発あっせん)、およびこれらの組み合わせにより、企業への技術移転を推進します。

J-STORE

企業へライセンス可能な大学等の特許(未公開特許出願を含む)の情報等を提供しています。

イノベーションジャパン−大学見本市

全国規模での大学発「知」の見本市を開催し優れた技術シーズと産業界のニーズのマッチングを図ります。

新技術説明会

大学、公的研究機関およびJSTの研究成果を発明者自ら企業に対して説明します。会場の個別相談コーナーで、共同研究・技術導入等について発明者と直接話すことができます。

産から学へのプレゼンテーション

企業側が解決すべき技術課題や共同研究したい課題等のニーズ情報を大学側に対して発信するセミナーです。

産官学の道しるべ

産学官連携に関連する情報(人、モノ、資金)を網羅的に収集し、無料で提供しています。

技術移転に係わる目利き人材育成プログラム

大学、公設試、公益法人等における技術移転業務に携わる人材(目利き人材)の専門能力の向上、目利き人材のネットワーク構築等を目的とした研修会です。