JSTトップ > 戦略的創造研究推進事業 > ALCA > イベント > 「低炭素社会を実現する先端的耐熱材料・軽量材料の開発」 第3回 公開シンポジウム

「低炭素社会を実現する先端的耐熱材料・軽量材料の開発」 第3回 公開シンポジウム

開催概要

第3回「低炭素社会を実現する先端的耐熱材料・軽量材料の開発」

  • 日時:平成30(2018)年 8月29日(水) 11:00~17:25 (17:50~19:30 懇親会)
  • 会場:JST別館1階ホール(東京都千代田区五番町7 K's五番町)アクセス詳細
  • 定員:150名
  • 参加費: 無料  ※懇親会別途会費: 3,000円(事前申し込み・当日受付にて現金支払いのみ)

こちらから8月22日(水)までに事前申込をお願いします。
※終了しました。多数のお申し込み、ご来場有難うございました。

タイムスケジュール

(敬称略)
11:00~11:05 挨拶 原田 幸明 PO(物質・材料研究機構)
11:05~11:25 香川 豊(東京工科大学)
輻射熱反射コーティングによる革新的遮熱技術
11:25~11:45 中尾 航(横浜国立大学)
自己治癒機能を有する革新的セラミックスタービン材料の開発
11:45~12:05 鎌土 重晴(長岡技術科学大学)
軽量構造部材創製のための革新的汎用マグネシウム合金の開発
12:05~12:25 宇田 哲也(京都大学)
軽量・超耐食性社会のためのチタンの新連続製造プロセス
12:25~13:25 休憩(昼食)
13:25~13:45 吉見 享祐(東北大学)
MoSiB基超高温材料の先進的デザインと鋳造プロセスの確立
13:45~14:05 乾 晴行(京都大学)
MoSi2基Brittle/Brittle複相単結晶超耐熱材料の開発
14:05~14:25 中島 英治(九州大学)
窒素を有効利用した次世代超耐熱フェライト鋼の実用化総合研究
14:25~14:45 竹山 雅夫(東京工業大学)
革新的800℃級超耐熱鋼の設計要素技術
14:45~15:05 三浦 誠司(北海道大学)
耐火金属基BCC高濃度固溶体をベースとした超耐熱材料創成
15:05~15:25 原田 広史(物質・材料研究機構)
超合金タービン翼の直接完全リサイクル法の開発
15:25~15:40 休憩
15:40~16:00 筧 幸次(首都大学東京)
不純物元素に対しロバストな積層造形ニッケル基超合金の創成
16:00~16:20 近藤 勝義(大阪大学)
酸素・窒素を活用したチタン積層造形体の高強靭化
16:20~16:40 野村 直之(東北大学)
凍結乾燥POEM法による積層造形用合金粉末の開発
16:40~17:00 泉 岳志(三菱日立パワーシステムズ株式会社)
次世代ガスタービン高温部品への適用を目指した革新的耐熱超合金粉末に関する研究
17:00~17:20 外部有識者講評
17:20~17:25 挨拶 石田 清仁 委員(東北大学)
17:25~17:50 休憩
17:50~19:30 懇親会

ページトップへ戻る