29年度 公募情報

地球規模課題である低炭素社会の実現

 2050年の温室効果ガスの大幅削減に向け、エネルギーの安定的な確保とエネルギー利用の効率化 (省エネルギー技術、再生可能エネルギーの高効率化、水素や蓄エネルギー等によるエネルギー利用の安定化技術)などを対象とする領域とします。

○平成29年度から、低炭素化社会実現につながる技術開発の公募・採択は未来社会創造事業(低炭素社会領域)で行います。


ページトップへ戻る