超伝導システム

領域概要


運営総括(PO):
大崎 博之/東京大学 教授

 直流電気抵抗がゼロになるという超伝導の特長を活かした「超伝導システム」は、電力・輸送・産業・情報などの広範な分野において、大幅な省エネルギー化による低炭素化、あるいは低炭素化につながる新機能・高機能を実現し得るという点で、今後の発展が大いに期待される低炭素技術です。

 例えば電力分野ではこれまで、超伝導発電機、超伝導電力ケーブル、超伝導エネルギー貯蔵装置などの研究開発が行われ、今後、冷却を含む超伝導機器システムのボトルネックを解決することにより、超伝導技術は従来の電力機器システムを大きく変える可能性をもっています。超伝導モータにも大きな技術的可能性がある他、超伝導マグネットの高磁場発生能力を活かし、先端的な各種要素技術と組み合わせることによって、エネルギー機器システムの効率を大きく高めることが可能です。

 超伝導システム領域では、温室効果ガスの排出削減に大きく寄与する超伝導技術のシステム応用のために、超伝導システムに不可欠な構成要素技術、超伝導技術と他の技術との組み合わせによる新しい概念の技術などの研究開発を実施します。


H26

REBCO全超伝導回転機の開発

岩熊 成卓 (九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)

REBCO超伝導テープ線材を用いて全超伝導回転機の研究開発を行います。REBCO超伝導線材の低交流損失化と大電流導体化を図る独自技術を用いて、低損失・大電流仕様の超伝導電機子を開発します。回転界磁子には巻線型を採用し、全超伝導機ゆえに界磁子、電機子ともに同一のケーシングに格納することができるため、ギャップを縮小し、高出力密度・高効率の同期機として構成し、省エネを介して低炭素社会の実現を目指します。

ページトップへ戻る