JSTトップ > 戦略的創造研究推進事業 > ALCA > イベント > セルロースナノファイバー・高分子多糖類;バイオナノマテリアルの新展開

先端的低炭素化技術開発(ALCA)シンポジウムのご案内
セルロースナノファイバー・高分子多糖類;バイオナノマテリアルの新展開

●開催趣旨


ダウンロード(PDF:463KB)

 植物繊維由来の次世代素材「セルロースナノファイバー(CNF)」への関心が高まっている中、本シンポジウムでは、CNFおよび高分子多糖類に関する大学や企業での研究開発動向について紹介するとともに、次世代CNFへの展望における研究開発の可能性について議論します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

  • 日時:2018年2月16日(金)13:00~16:00
  • 場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3丁目11-1) 会議棟607・608会議室
       nano tech 2018 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議内
  • 参加費:無料
  • 定員:250名(定員になり次第締切)
  • 参加申込:シンポジウム参加登録はこちら

 当日は、登録完了時に送信いたしましたメールをプリントアウトしてお持ちください。
 (nano tech2018への参加登録は不要ですが、本シンポジウムの参加登録は必要です。)

●プログラム

時間 内容
13:00~13:15 開会挨拶/オーバービュー
磯貝 明(東京大学 教授)
13:15~13:35 高分子多糖類の新しい魅力に迫る
岩田 忠久(東京大学 教授)
13:35~13:55 セルロースナノファイバーの構造化と特性相関
齋藤 継之(東京大学 准教授)
13:55~14:15 熱を伝えるセルロースナノファイバー
上谷 幸治郎(立教大学 助教)
14:15~14:35 CNFの廃プラへの複合化と次世代施設園芸の生産性向上への取り組み
野口 徹(信州大学 特任教授)
14:35~14:55 リン酸エステル化CNFの製造とその応用展開
野口 裕一(王子ホールディングス株式会社 次席研究員)
14:55~15:15 セルロースナノファイバー不織布の開発
齋藤 大和(旭化成株式会社 主幹研究員)
15:15~15:35 セルロースナノファイバーの界面制御開発
熊本 吉晃(花王株式会社 上席主任研究員)
15:35~15:55 新しい発想に基づくセルロースナノファイバーの応用展開
中俣 恵一(北越紀州製紙株式会社 室長)
15:55~16:00 閉会挨拶
土肥 義治(公益財団法人高輝度光科学研究センター 理事長 /JST-ALCA特別重点技術領域ホワイトバイオテクノロジー運営総括)

(敬称略)

●お問い合わせ

 JST環境エネルギー研究開発推進部ALCAグループ
 E-mail:

ページトップへ戻る