JSTトップ > 戦略的創造研究推進事業 > ALCA > イベント > 第58回電池討論会ナショナルプロジェクト(MEXT・JST・NEDO)合同セッションを開催します。

第58回電池討論会ナショナルプロジェクト(MEXT・JST・NEDO)合同セッションを開催します。

開催概要

 文部科学省と経済産業省は、蓄電池研究において合同のガバニングボードを設置して、両省の事業の一体的・効率的な運営を行っています。11月に福岡で開催する第58回電池討論会で初めて、ガバニングボードに参画している下記のナショナルプロジェクト(MEXT・JST・NEDO※)合同で公開セッションを行います。

  • MEXT事業元素戦略プロジェクト <研究拠点形成型>(触媒・電池材料領域)
  • JST事業戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発 次世代蓄電池 (ALCA-SPRING)
  • NEDO事業革新型蓄電池先端科学基礎研究事業(RISING)
  • NEDO事業革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISING2)
  • NEDO事業先進・革新蓄電池材料評価技術開発
  • ※MEXT:文部科学省、JST:国立研究開発法人科学技術振興機構、
    NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
詳細URL https://confit.atlas.jp/guide/event/denchi58/static/session
開催日時 2017年11月15日(水)12:55~18:00
開催場所 福岡国際会議場 メインホール
URL:http://www.marinemesse.or.jp/congress/
※こちらでお申し込みされた方は、当日福岡国際会議場1F受付へ必ずお越し頂きますようお願いします。
参加費 無料
申込締切 11月8日(水)17:00迄
事前受付は、定員(200名)に達し次第、締め切ります。
定員に達した後、または事前受付期間終了後も、会場にて当日受付を頂くことができます。
問合せ先 JST環境エネルギー研究開発推進部 ALCAグループ
E-mail:alca@jst.go.jp

参加登録は下記より注意事項をご一読の上、お申し込みください。
皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

プログラム

時間 内容
12:55~13:00 NEDO挨拶
NEDOスマートコミュニティ部蓄電技術開発室 室長 細井 敬
13:00~13:20 革新型蓄電池先端科学基礎研究事業(RISING)プロジェクトの概要と成果
(京大)○小久見 善八
13:20~13:40 革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISING2)プロジェクトの概要
(京大)○松原 英一郎
13:40~14:00 電池反応解析‐マクロからミクロへ‐
(京大1、東大2、産総研3)○右京 良雄1、村上 美和1、幾原 雄一2、大谷 実3
14:00~14:20 高エネルギー密度硫化物電池の開発‐金属と硫黄の協奏‐
(産総研1、阪府大2)○栄部 比夏里1、竹内 友成1、作田 敦2、小金井 寿人1、山内 恵理奈1、目代 英久1、倉谷 健太郎1、小林 弘典1
14:40~15:00 「先進・革新蓄電池材料評価技術開発」のプロジェクト概要
(LIBTEC) ○吉野 彰
15:00~15:20 「先進・革新蓄電池材料評価技術開発」の主な技術開発成果
(LIBTEC) ○吉野 彰
15:20~15:35 休憩
15:35~15:40 JST挨拶
JST環境エネルギー研究開発推進部 部長 古賀 明嗣
15:40~16:00 ALCA-SPRINGの概要
(首都大) ○金村 聖志
16:00~16:20 全固体電池の研究開発
(阪府大1、物材機構2)〇辰巳砂 昌弘1、高田 和典2
16:20~16:40 正極不溶型リチウム-硫黄電池の研究開発
(横浜国大) ○渡邉 正義
16:40~17:00 金属系負極を用いた革新電池
(首都大) ○金村 聖志
17:00~17:20 元素戦略プロジェクトにおける新規材料開発
(東大) ○山田 淳夫
17:20~17:40 ナトリウム,カリウムを可動イオンとする新規蓄電デバイス
(東京理科大) ○駒場 慎一、久保田 圭
17:40~18:00 イオン液体を基軸とする中温作動型蓄電デバイス
(京大1、鳥取大2、東京電機大3)〇萩原 理加1、松本 一彦1、田和 慎也1、黄 珍光1、Shubham Kaushik1、 実藤 俊太1、王 雨申1、野平 俊之1、山本 貴之1、坂口 裕樹2、薄井 洋行2、道見 康弘2、薮内 直明3、趙 文文3

ページトップへ戻る