JSTトップ > 理事長挨拶

理事長挨拶

国立研究開発法人科学技術振興機構 理事長 中村 道治

科学技術振興機構は、平成27年4月から国立研究開発法人となりました。国立研究開発法人には、研究開発の特性を踏まえた運営の自由度が与えられる一方、研究開発成果を最大化することが求められます。これを機会に、私たちは科学技術イノベーションの総合的な推進機関として、バーチャル・ネットワーク研究体制を進化させ、わが国の成長戦略の推進と持続可能な地球社会の実現に向けて高い目標に挑戦します。とりわけ、情報技術の進展に伴い産業構造や社会構造が大きく変革しようとしています。科学と社会の関係についても新しい時代を迎えようとしています。JSTはこれらをチャンスと捉え、新たな変革を先導していきたいと考えています。

このため、私たちは、長年培ってきた目利きやプロジェクト運営の能力を強みに、卓越した研究成果を大きなイノベーションに結びつけるフォワードキャスト型研究をさらに発展させていきます。また、産学官および市民参加型のオープン・イノベーション拠点を拡大し、統合型研究や科学と社会の共創を重視したバックキャスト型の新しい研究開発様式を確立します。これらの取組みを通じて、若手研究者の育成やベンチャーの起業を積極的に支援していきます。

また、第4の科学のための科学技術情報基盤の構築や次世代人材の育成、科学と社会の対話の促進、科学技術政策に関する先導的なシンクタンク活動などに取組み、科学技術イノベーションにもっとも適した国づくりに貢献します。

世界においては、政治、経済、研究、教育、レジャーなどあらゆる面で、国境を越えた活動が広がっています。私たちは、JSTのさまざまな活動の国際化を通じて、科学技術外交に貢献し、世界のよきパートナーになることを目指します。

引き続き、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

国立研究開発法人 科学技術振興機構 
理事長 中村道治