アラインによる芳香環融着型反応を利用した新奇π電子共役系の創製

研究代表者

吉田 拡人 (広島大学 大学院工学研究院 准教授)

研究課題の概要

反応性中間体アラインを駆使し、芳香族π電子共役系を合成する新手法を開発します。反応によって形成されるπ電子共役系に加えアライン自身の芳香環を融着させることで、生成物全体として一体化したπ電子共役系を構築し、機能性材料創出へと展開します。

これまでに、アライン・DMF・エステル(ニトリル)による三成分連結反応を経た、新奇クマリン類の直截合成法の開発に成功しています。クマリン3位にアクセプター置換基兼吸着基として作用できるピリジル基を直接導入することができる本手法とパラジウム触媒を用いたC-N結合カップリング反応とを組み合わせることで、多様なドナーアクセプター置換型クマリンを新奇創出することができました。得られたクマリン類は、色素増感太陽電池用色素として有用な特性を示すことを明らかにしました。さらに、銅触媒存在下、アラインがアルキニルスズのsp炭素—スズ結合に挿入するカルボスタニル化反応の開発にも成功し、新奇π電子共役系創製に向けた道を開きました。

 

<研究の概要図>

yoshida2014                   

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望