窒素埋め込み型縮環π電子系分子の合成を指向した触媒的三重縮環反応

研究代表者

依光 英樹 (京都大学 大学院理学研究科 教授)

研究課題の概要

含窒素原子大型平面分子は、有機エレクトロニクス発展の鍵を握ります。本提案では、高性能遷移金属触媒を使って、窒素原子を埋め込みながら大型平面分子を合成する超高効率的手法を開発し、低炭素社会の実現を先導します。

まず、最先端パラジウム触媒を用いることで、大型平面π電子系分子の外縁部に対して窒素原子を超高効率で導入する手法を開発しました。続いて、窒素原子が外縁部に導入された大型平面π電子系分子を酸化したところ、ポルフィリンの外縁部に窒素原子を埋め込んだ新分子を創出することができました。窒素埋め込み効果により当該分子からの電子の出し入れが容易になる、高い平面構造により分子間相互作用が増強されるなど、有機エレクトロニクス用機能性有機材料としての有用な特性が明らかになりました。

 

<研究の概要図>

yorimitsu2014yorimitsu2014_2          

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望