次元制御されたナノ空間体と不均一系集積型遷移金属ナノ触媒に融合した先導的π電子物質創製触媒システムの創出

研究代表者

山田 陽一 (理化学研究所 環境資源科学研究センター 副チームリーダー)

共同研究者

藤川 茂紀 (九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 准教授)

研究課題の概要

本研究の目的は、低エネルギー・低環境負荷で持続可能な物質変換のために、「ppm-ppbレベルの触媒量で標的有機化合物を合成し、触媒が再利用できる、先導的不溶性金属触媒システム群の開発」です。

「グリーンイノベーション」「新規触媒反応を用いた環境負荷の低い基礎化成品の製造プロセスの実現」を達成ビジョンとし、「化学合成及びデバイスに繋がる新機能創製手法の創出」を達成を目指し次のような成果を出しました。すなわち、遷移金属触媒の化学構造制御に加えて触媒反応空間の次元制御を行い、「高活性・高再利用な不溶性触媒型合成システム」、「マイクロ流路内異相界面への自立触媒膜の形成とそれを活用した瞬間的反応」、「ナノ剣山間隙を3次元ナノ反応空間として活用した瞬間的・高活性触媒による合成システム」によって超高速・選択的有機変換反応を実現する先導的炭素物質変換触媒システムを行いました。

<研究の概要図>

                   

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望