環境に優しい低エミッション型脱水素クロスカップリング反応の開発

研究代表者

佐藤 哲也 (大阪市立大学 大学院理学研究科 教授)

研究課題の概要

本研究では、出発物質として入手容易な芳香族炭化水素を用いた低エミッション型脱水素カップリング法の開発、ならびに環境調和型反応法による新規π電子系機能分子の創製を目的としています。

本研究2年目には、脱水素カップリング手法を二つの方向へ発展させることを目的として検討を行いました。一つ目はこのカップリング法の適用範囲拡張のため、多様な配向基を用いて、これまで以上に多様なπ電子系分子の合成法開発を行いました。その結果、芳香族スルホキシドのオルト位アルケニル化等を新たに見出すことに成功しました。二つ目はよりクリーンな低エミッション型カップリング法へと改良することを目指して検討を行ったところ、これまで酸化剤として量論量の銅塩や銀塩を用いる必要があったいくつかの反応において、反応系を適切に設定することで、空気を最終酸化剤とする条件でも効率よく行えることを見出しました。

<研究の概要図>

tsato2014
研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望