不斉炭素-炭素結合生成反応による触媒的環構築の高度化と応用

研究代表者

田中 健 (東京工業大学 物質理工学院 教授)

研究課題の概要

本研究では、クロスカップリング反応に代わる新しい概念に基づく芳香族化合物合成法として、既に修飾された低分子化合物から芳香族化合物を「自在に組み立てる」手法の確立を目指します。

芳香族化合物を「自在に組み立てる」手法として、「カチオン性遷移金属錯体触媒」を用いた様々な不斉芳香環構築反応の開発に成功しました。具体的には、「カチオン性ロジウム(I)錯体触媒」を用いて、化学/位置/エナンチオ選択的分子間交差環化三量化反応による軸不斉ビアリール合成、面不斉シクロファン合成、高次ヘリセンの不斉合成、などに成功しました。非中心不斉だけでなく、アルケンを含む化学/位置/エナンチオ選択的分子間交差環化三量化反応による多点中心不斉の構築にも成功しました。また、「カチオン性ロジウム(III)錯体触媒」を用いた様々なヘテロ環構築法の開発に成功し、さらに、「カチオン性金(I)錯体触媒」を用いた高次ヘリセンの不斉合成にも成功しました。

<研究の概要図>

tanaka2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望