インターロック触媒を用いる高選択的高効率物質変換

研究代表者

高田 十志和 (東京工業大学 物質理工学院 教授)

研究課題の概要

本研究は、環状分子の内孔を貫通する際に触媒機能を発揮する「インターロック触媒」を開発し、サイズ・形状選択的分子変換、有用有機材料合成を達成する革新的触媒系を確立することを目的とします。

これまでにPdを環内孔に有する環状触媒を用いた貫通構造形成を鍵とした高速高効率高分子反応の開発し、その機構や基質一般性も解明に成功しています。その他にも分子内環化反応だけではなく有用材料合成に非常に有用な鈴木-宮浦カップリング反応の基質サイズに依存した選択的触媒反応、Pd以外の金属を配位可能な新たな環状触媒の創成も達成されてきており、ゆるやかな束縛系触媒である「インターロック触媒」を用いた新たな触媒システムの構築が実現されつつあります。

 

<研究の概要図>

takata2014

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望