ニッケラサイクルを鍵中間体とする不斉環化付加反応の開発

研究代表者

生越 専介 (大阪大学 大学院工学研究科 教授)

研究課題の概要

身近な元素である炭素を結合させて「炭素−炭素結合」を生み出すことは、古くから非常に重要な研究課題です。この研究では、新しい機能を分子に与える「炭素−炭素結合を選んでつなぐ」新しい反応の開発に取り組んでいます。

多様な生理活性物質の有用な合成中間体として利用可能な化合物であるジフェニルメタノール類の短段階合成法の開発を行っています。本研究では、不斉ニッケル錯体触媒を設計することで、光学活性ベンゾオキサシロール類を高収率、高エナンチオ選択的に合成する事に成功しました。得られた光学活性ベンゾオキサシロール類は、一段階で光学活性ジフェニルメタノール類へと誘導する事が可能です。下図には、本研究成果で合成可能となる光学活性生理活性物質の一部を示しています。

<研究の概要図>

ogoshi2014

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望