電子エネルギー素子を目指した触媒が先導するフェナセン型π電子系有機分子の創製

研究代表者

西原 康師 (岡山大学 異分野基礎科学研究所 教授)

共同研究者

高井 和彦 (岡山大学 大学院自然科学研究科 教授)
菅 誠治  (岡山大学 大学院自然科学研究科 教授)
久保園 芳博 (岡山大学 異分野基礎科学研究所 教授)
坂巻 功一 (株式会社 ADEKA 環境・エネルギー材料研究所 主任研究員)

研究課題の概要

本研究では、拡張π電子系多環式炭化水素である「新規フェナセン型π電子系分子」に焦点を絞り、遷移金属触媒を用いる革新的な結合活性化や結合形成法によって、高効率な電子エネルギー素子を合成します。

パラジウム触媒によるクロスカップリング反応やレニウム触媒による環化反応を利用し、ベンゼン環が五つアームチェアー型に縮環したフェナセン型分子であるピセンおよび骨格内に硫黄や窒素などのヘテロ元素を導入したピセン誘導体であるフェナントロ[1,2-b:8,7-b’]ジチオフェン (以下、PDT) を合成することに成功しました。さらに、アルキル置換 PDT の有機電界効果トランジスタとしてのデバイス特性を評価するために蒸着法による薄膜 FET デバイスを作製したところ、p チャネル FET 特性を示し、ホール移動度 2.19 cm2 V-1 s-1 という値を得ました。また、PDT を高分子主鎖に導入したローバンドギャップポリマーを合成し、有機薄膜太陽電池素子としての特性を評価しました。

<研究の概要図>
nishihara2014                  

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望