量子ドットによる二酸化炭素の光還元システムの構築

研究代表者

宮内 雅浩 (東京工業大学 物質理工学院 教授)

研究課題の概要

半導体光触媒をベースにした二酸化炭素の光還元システムの構築を目指します。高効率なシステムを実現するため、半導体の量子効果や複合化による還元力向上と多電子還元を起こす新規助触媒の開発に取組みます。

光触媒でCO2を還元して燃料を製造するためには、電子の還元力に優れた半導体光吸収相と、多電子反応を起こす助触媒の複合化が不可欠です。我々は、ナノシートやドット状の半導体量子構造からなり、高い伝導帯のエネルギーをもつ光吸収相を開発しました。また、CO2の還元に適したアモルファス状のクラスター助触媒も見出しました。これらの光吸収相と助触媒の複合化をおこない、高効率な二酸化炭素光還元システムの構築を目指しています。

<研究の概要図>

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望