フッ素化合物の触媒的不斉炭素-炭素結合生成技術の開発と工業化

研究代表者

三上 幸一 (東京工業大学 物質理工学院 教授)

共同研究者

網井 秀樹 (群馬大学 大学院理工学府 教授)
柴田 哲男 (名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授)

研究課題の概要

触媒的不斉合成法、とりわけ有機合成の中核をなすキラルな炭素骨格を構築するための触媒的不斉炭素-炭素結合生成反応(CCF)は、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術となっています。本研究では触媒的不斉エン反応を基盤に不活性な炭素-水素、炭素-炭素、炭素-フッ素結合、さらにはsuper protonとしてのケイ素と炭素の結合を開裂し、自在にCCFする革新的不斉合成技術を開発します。特に近年医薬・材料開発で必要不可欠となっているフッ素化合物の工業的合成技術の開発を目指します。

<研究の概要図>

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望