医薬品開発研究を先導する多彩な協同機能触媒系の創製と応用

研究代表者

松永 茂樹 (北海道大学 大学院薬学研究院 教授)

共同研究者

坂田 健 (星薬科大学 薬学部 准教授)

研究課題の概要

多彩な協同機能触媒の創製を通じて、医薬品等の生産に応用可能な有用化合物の効率的合成法の開発に取り組みます。さらに、炭素−水素結合を直接変換する手法を駆使することで医薬品の探索研究の効率化に資する研究にも取り組みます。

金属を二つもつ不斉触媒の独特な触媒能を活用することで、医薬品設計において有用な光学活性スピロオキシインドール骨格や非天然型γ-アミノ酸を、高い触媒効率、優れた立体選択性で合成することに成功しました。単純な水素原子の移動のみで不斉四置換炭素中心を含む合成困難な骨格の簡便合成が実現できることから、有用化合物合成における廃棄物の削減への貢献が期待されます。また、炭素−水素結合の直接変換反応において、安価な金属触媒への代替を目標に、高活性なコバルト触媒の分子設計を行いました。新たに開発したコバルト触媒と酢酸イオンの組み合わせにより、ピロロインドロン骨格の一挙構築に成功しました。さらに、計算によるシミュレーションでは、コバルト触媒と酢酸イオンが協力して触媒性能を発揮する様子を明らかとしました。

 

<研究の概要図>

matsunaga2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望