電子構造の揺らぎに基づく機能性触媒の創製

研究代表者

倉橋 拓也 (京都大学 大学院工学研究科 准教授)

研究課題の概要

ポルフィリン金属錯体の電子構造の揺らぎに着目して活用した触媒を創製することで、従来法では達成が不可能であった新しい触媒反応を実現して先導的な物質変換技術を開発します。

これまでの研究により、ポルフィリン金属錯体を触媒として用いることで、新規触媒反応が進行することを見いだしています。例えば、カチオン性ルテニウムポルフィリン触媒を用いるエノンとジエンによるトランス付加型[4+2]環化付加反応が進行することを見いだしています。また、カチオン性ルテニウムポルフィリン触媒を用いれば、不飽和イミンとアルデヒドによる脱水を伴った環化付加反応により、ジヒドロピリジン環が合成できることを明らかにしました。

<研究の概要図>

kurahashi2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望