独自の基礎科学に基づく革新的不斉炭素-炭素結合生成反応の創成と展開

研究代表者

小林 修 (東京大学 大学院理学系研究科 教授)

共同研究者

石谷 暖朗 (東京大学 大学院理学系研究科 特任准教授)

研究課題の概要

本研究は、工業レベルでも使用することのできる真に有効な不斉触媒の創成、およびそれを用いる不斉炭素—炭素結合生成反応の開発を指向し、これまでに申請者らが開発してきた独自の基礎科学をさらに発展させることによる有機合成の技術革新を目的としています。

金属アミド触媒の開発研究において、金属アミドの金属上のルイス酸性を向上させたルイス酸/金属アミドハイブリッド触媒を新たに開発し、これを用いることによって反応性の低い基質に対する酸/塩基触媒反応を大きく改善できることを明らかにしました。その一方で、新規カルシウム触媒を活用する末端アルキンへのチオールの二重付加によるジチオアセタールの効率的構築法を開発しました。さらに、高分子固定化不斉塩化カルシウム触媒を用いるフロー反応システムの発展を指向して、多種類の反応カラムを連結させることによる医薬品の多段階連続不斉全合成の実現に向けた取り組みを行い、一定の成果を得ました。

<研究の概要図>

kobayashi2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望