多孔性配位高分子を反応場にするメタノール合成の開発

研究代表者

北川 進 (京都大学 高等研究院 特別教授)

研究課題の概要

本研究では、ナノ細孔を有する新規多孔性配位高分子を基盤とする触媒を創製し、二酸化炭素を資源としてメタノールを合成する新たな化学の創成をおこないます。二酸化炭素を資源とする新たな化学では、二酸化炭素を他の気体から分離し、さらに変換します。二酸化炭素の分離材料として、低エネルギー分離可能な安定材料が開発されました。

二酸化炭素の分離材料の開発をさらに進めるため、窒素や酸素を含んだ混合気体から二酸化炭素を室温付近で低エネルギー分離可能な新規PCPを合成しました。このPCPも、100℃、pH 1~12の水溶液中で安定です。さらに、高い二酸化炭素分離材料を開発するために、アミド結合を細孔中に持つ新規の柔軟性PCPを合成し、柔軟な細孔骨格への柔軟性とアミド結合の導入が二酸化炭素分離に有効であることを明らかにしました。

<研究の概要図>

kitagawa2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望