無機金属クラスター錯体の反応化学を機軸とした安定小分子の物質変換

研究代表者

川口 博之 (東京工業大学 大学院理工学研究科 教授)

共同研究者

高尾 俊郎 (東京工業大学 物質理工学院 准教授)
松尾 司 (近畿大学 理工学部 准教授)

研究課題の概要

多様な元素の特性を最大限に引き出し、安定小分子の物質変換反応を可能とする反応場の構築を行います。反応場としては、遷移元素と典型元素から構成される分子性化合物である無機金属クラスター錯体を用います。

フェノキシド基とアニリド基を合わせ持つ混合型の多座配位子をもつバナジウム錯体を窒素ガス雰囲気下で還元を行うと、反応過程で窒素分子の結合切断が進行し、ニトリド錯体が生成することを見いだしました。さらに、得られたニトリド錯体に酸を作用させるとアンモニアが生成します。また、一酸化炭素を反応させるとシアン酸化合物が生成することを見いだしました。これにより、窒素分子をアンモニアあるいはシアン酸化合物に変換する反応場としてバナジウム錯体を用いることができることを明らかにしました。

<研究の概要図>

kawaguchi2014

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望