金属触媒を利用する安定結合の活性化と新規合成変換法の創出

研究代表者

檜山 爲次郎 (中央大学 研究開発機構 教授)

共同研究者

福澤 信一 (中央大学 理工学部 教授)
石井 洋一 (中央大学 理工学部 教授)

研究課題の概要

本研究では、炭素―水素結合をはじめ炭素―炭素結合(以下、C-H , C-C結合と称する。)などの安定結合を、金属触媒と有機合成反応で汎用されているアルケンやアルキンなどの炭素-炭素不飽和結合との協働作用により活性化し切断することによって有用物質創製を可能にする反応を開発します。

ビフェニルの2位にシリルエチニルオキ基をもつ基質をパラジウム触媒共存下加熱すると、δ位C-H結合の切断を伴ってジベンゾピラン誘導体が得られます。アルキニルアリールエーテルと不飽和基質との環化反応も可能になり、クロマン型含酸素縮合環化合物の合成に使えます。不斉合成の可能性を追求するため、光学活性フェロセン誘導体の不斉合成を研究しています。アルケニル基を配向基に積極的に利用するため、(Z)-2-フェニル-1-プロぺニルイリジウムカチオン錯体が通よく認められている1,4-転位を経由するC-H 結合活性化だけでなく、形式的に1,3-転位が進行することを見つけています。

 

<研究の概要図>

hiyama2014                   

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望