低環境負荷型前周期遷移金属レドックスシステムの設計に基づく先導的物質変換テクノロジーの創出

研究代表者

平尾 俊一 (大阪大学 産業科学研究所 特任教授)

共同研究者

森内 敏之 (大阪大学 大学院工学研究科 准教授)

研究課題の概要

本研究では、レドックス特性およびルイス酸性を有する前周期遷移金属化合物に着目した反応システムの構築に取り組み、低環境負荷型の先導的物質変換テクノロジーを創出することを目的としています。

前周期遷移金属であるバナジウムに着目し、高原子価バナジウム(V)を活用するエノラート種の酸化的カップリングや触媒的なハロゲン化物の酸化的導入法、常圧の二酸化炭素固定による尿素化合物合成法を開発しました。また、高原子価イミドバナジウム(V)錯体の合成法の開発と構造論を展開しました。さらに、低原子価バナジウム種およびチタン種を用いた2核錯体を駆使し、選択的クロスピナコールカップリングに展開しました。非平面型π共役系分子スマネンに着目し、この化合物からシクロペンタジエニル様アニオンを発生させ、これを配位子として活用する単核および多核ジルコノセンジクロリド錯体を合成しました。

<研究の概要図>

hirao2014

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望