π共役系分子の自在合成法の開発と機能開拓

研究代表者

羽村 季之 (関西学院大学 理工学部 教授)

研究課題の概要

本研究では、新しい物性や機能の宝庫であるπ共役系分子の自在合成法の開拓のため、高反応性分子をコアとする高次反応集積化法の開発を行います。多様なπ電子系分子の創出と機能評価によって、この方法論の完成度を高めます。

これまでに安息香酸エステルへの二重付加反応を鍵として、多様なπ共役ユニットの集積化が可能な置換イソベンゾフランのワンポット合成法を開発することができました。この知見を基に、イソベンゾフランとベンザインやエポキシナフタレンなどの各種ジエノフィルとの連続的な環付加反応を行うことによって、さまざまな官能基を持つ置換ペンタセンの合成を行うことができました。さらに、イソベンゾフラン合成法を基盤として、イソベンゾチオフェン骨格をスペーサーとするD--A型の新しい色素材料の開発を行うことができました。

<研究の概要図>
hamura2014
  

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望