触媒的環化付加による縮合多環芳香族化合物のホモロゲーション合成

研究代表者

桑野 良一 (九州大学大学院理学研究院 教授)

研究課題の概要

複数のベンゼン環が梯子状につながった化合物を縮合多環芳香族化合物と呼びます。縮合多環芳香族化合物は有機ELの発光材料、蛍光物質、有機半導体といった機能が期待されています。この化合物の構造にはアセン型とフェナセン型の2種類があります。そこで、この研究では触媒反応を利用して芳香環を一つずつ伸長し、アセン構造やフェナセン構造を作り出す方法を開発します。これにより、いろいろな置換基を任意の位置にもつ縮合多環芳香族化合物が自由に合成できます。また、これらの方法を組み合わせることによって、アセン型とフェナセン型が混在した複雑な構造をもつ縮合多環芳香族化合物を作り出すこともできます。

<研究の概要図>

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望