カルベン錯体を用いる炭素-水素結合から炭素-炭素結合への不斉自在変換

研究代表者

香月 勗 (九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 主任研究者)

研究課題の概要

有機化合物には骨格となる炭素—炭素結合の他に多くの炭素—水素結合が存在します。この炭素—水素結合を炭素—炭素結合に自在に変換することができれば、多様な骨格をもつさまざまな有用化合物を合成することができます。本研究では、炭素—水素結合に挿入して炭素—炭素結合を生成するカルベノイド種の反応性および選択性の制御法を開拓し、保護基使用が少なく短段階で標的化合物を合成する方法論の実現を目指します。一方、天然にはヒドロキシ芳香族化合物が数多く存在します。大気中の酸素を用いて酸化的に炭素—炭素結合を生成して脱芳香環化を行い有用物質合成の原料へ変換することを検討します。

<研究の概要図>

研究課題の一覧
研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望