研究領域の概要

研究領域名

  • 「低エネルギー、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術の創出」
    (通称: 先導的物質変換領域)
  • 英字名:Advanced Catalytic Transformation program for Carbon utilization(ACT-C)

研究総括・研究総括補佐

研究総括:國武 豊喜(九州大学高等研究院 特別主幹教授)
研究総括補佐:根岸 英一(パデュー大学 特別教授)
⇒ 研究総括とアドバイザーの紹介

研究領域の概要

本研究領域では、低炭素社会の実現や、医薬品・機能性材料等の持続的かつ発展的な生産など、我が国のみならず世界が直面している諸課題の解決に貢献しうる、触媒による先導的な物質変換技術の創出を目指します。具体的には、脱化石資源へ向けて、二酸化炭素を還元し有用なC1、C2、C3化合物へ効率的に変換する反応のような、安定小分子を資源として活用する反応の研究、工業的な利用につながる不斉炭素-炭素結合生成等の反応の研究、革新的な結合形成、開裂および組み換えにより優れた特性や機能を有するπ電子系分子を創出する研究、π電子系分子に官能基導入を行う等による新機能を創成する研究などを対象とします。

本研究領域では安全な、高原子効率、高収率、高選択性の分子変換法を創出することを目指し、化学、物理、数理、工学等の分野の垣根を越えて挑戦的な研究を推進します。また、反応機構の解明のための計測分析及び理論化学に関する研究との連携も促進します。

研究費

  • 総額4千万円~3億円(間接経費は除く)

研究期間

  • 研究期間は5年以内です。
  • 研究終了時期は、研究実施の最終年の年度末とすることができます。(本研究提案募集にて研究期間5年で採択された場合、研究終了は最長で平成30年(2018年)3月末日とすることができます。)

※詳しい研究領域の運営方針等につきましては、募集要項 2章「本研究領域について」をご覧ください。

戦略目標

  • 「環境、エネルギー、創薬等の課題対応に向けた触媒による先導的な物質変換技術の創出」

戦略目標について詳しくはこちら 「ACT-C募集要項抜粋:戦略目標」(PDFファイル)

研究領域
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • Research Integrity
  • JST オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望