制度概要

A-STEP制度見直しについて

A-STEPでは制度の見直しを行い、平成27年度公募より、募集する支援タイプ等を大幅に変更いたしました。従来の探索タイプ、起業挑戦タイプおよび実用化挑戦タイプ(創薬開発)については、平成27年度以降の新規公募は行いません。

A-STEP(研究成果最適展開支援プログラム)とは

 A-STEPは大学・公的研究機関等(以下、「大学等」という。下記(注)参照)で生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果を基にした実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラムです。
 大学等の研究成果からシーズ候補を企業の視点から掘り起こして、シーズとしての可能性を検証して顕在化させるフェーズという実用化に向けた研究開発の初期段階から、顕在化したシーズの実用性を検証する中期のフェーズ、さらには製品化に向けて実証試験を行うために企業主体で企業化開発を実施する後期のフェーズまで、それぞれの研究開発フェーズの特性に応じた複数の支援タイプにより実施しており、ステージT、ステージU、ステージVの3つのステージから構成されています。
平成27年度より、ステージTにおいて、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下、「JST」という)の課題達成型の研究開発等の顕著な成果に基づくテーマを設定した研究開発、産業界に共通する技術的な課題の解決に資する研究開発を支援するタイプも実施します。

(注)「大学等」とは、国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、国立研究開発法人、研究開発を行っている特殊法人、独立行政法人、公益法人等(非課税の法人に限る)をいいま す。

A-STEPでは、JSTが競争的資金制度として本事業を適正かつ円滑に実施するために、プログラムディレクター(以下、「PD」という)及びプログラムオフィサー(以下、「PO」という)を定めます。PD、POは、外部有識者等で構成される研究開発運営・支援体制の核となり、本事業の適切な運営、課題の審査・評価・フォローアップ等の一連の業務の遂行と取りまとめを行います。PDは課題選定・事業全体の方針や運営等を統括し、POは各プログラムの運営、課題の審査・評価・フォローアップ等の取りまとめを行います。

A-STEPの概要


このページの先頭へ

A-STEPの3つの特長〜イノベーションの効果的な創出を実現します

研究開発フェーズがどの段階にあっても申請できます。

どのステージからでも申請可能で研究開発を開始できます。

複数の研究開発フェーズを継続して推進することができます。

研究開発目標の達成までに必要となる、それぞれのフェーズに応じた異なる支援タイプによる研究開発を切れ目なく実施することが可能です。異なる支援タイプへの移行は、支援継続の是非を判断する評価(ステージゲート評価)により判断されます。

研究開発の効率性アップのため研究開発計画のアドバイスをいたします。

研究開発課題の採択時に、申請された研究開発計画に対して、支援タイプの選択、また、支援タイプでの研究開発費の規模や実施期間等に関し、必要に応じてJSTが配置するPOから研究開発計画の最適化案を提示させていただきます。 さらに、研究開発課題の効果的な推進のため、POが開発課題全体のマネジメントを行い、適宜アドバイスさせていただきます。さらに課題の推進状況に応じて個別専門的見地からのアドバイスを要すると判断される場合には、より適確な外部の専門家(アドバイザー)も研究開発課題に配置し、課題推進の強化を図ります。


このページの先頭へ

A-STEPの構成

ステージTでは、ステージU、ステージVへの展開を目指すシーズ候補に対し、企業ニーズにつながるシーズとしての可能性の検証を行っていただきます。
ステージTにおける支援タイプは、JSTの課題達成型の研究開発等の顕著な成果に基づく研究開発テーマを設定した産学共同の研究開発を大規模、長期間に支援する「戦略テーマ重点タイプ」、産業界に共通する技術的な課題(技術テーマ)の解決に資する研究開発を支援する「産業ニーズ対応タイプ」を新たに設けています。 「シーズ顕在化タイプ」は平成27年度から募集は行わず、ステージUの「シーズ育成タイプ」に申請された提案の中から、その技術シーズの実現可能性の更なる検証が必要と判断された場合に、JSTが必要に応じて採択します。 ステージU、Vでは産と学の共同研究開発による実用性検証及び実証試験のフェーズにおける研究開発を行っていただきます。
各ステージには、研究開発目標の達成に至るまでの過程における研究開発フェーズ及び研究開発リスクに応じて支援タイプ「シーズ育成タイプ」・「NexTEP-Aタイプ」・「NexTEP-Bタイプ」を設けています。 これらのステージは、“実用性検証”から“実証試験”までの研究開発フェーズを対象としており、“実用性検証”フェーズを主に「シーズ育成タイプ」で、“実証試験”フェーズを主に「NexTEP-Aタイプ」・「NexTEP-Bタイプ」で支援することを想定しています。
各支援タイプはそれぞれ対象とする研究開発フェーズに応じて、研究開発費の規模、期間、申請者の要件が異なります。

各支援タイプの概要

ステージ ステージT ステージU ステージV
タイプ 産業ニーズ対応 戦略テーマ重点 シーズ顕在化
※新規公募無し
シーズ育成 NexTEP-B NexTEP-A
目的 産業界に共通する技術課題解決のための基盤的研究開発を支援 JST戦略創造事業等の成果を基にテーマを設定した研究開発を支援 シーズとしての実現可能性を産学共同で検証 実用性検証から、中核技術の構築のための産学共同研究開発を支援 研究開発型企業による、大学等の研究成果に基づく研究シーズの実用化開発を支援 企業ニーズを踏まえた、企業による大学等の研究成果に基づく研究シーズの実用化開発を支援
採択方法 テーマ設定有り テーマ設定無し
申請者 研究者 研究者と企業 研究者と企業 企業(シーズ所有者の了承が必要)
知財の有無 必要無し 必要有り
研究開発費 〜2,500万円
/年・課題
〜5,000万円
/年・課題
総額
〜2,000万円
JST支出総額
2,000万円
〜5億円
JST支出総額
〜3億円
JST支出総額
1億円〜15億円
研究開発
期間
2〜5年 最長6年 1〜2年 2〜6年 最長5年 最長10年
資金タイプ グラント マッチングファンド マッチングファンド
実施料納付
開発成功時
全額年賦返済
不成功時10%返済
実施料納付
以下のタイプについては平成26年度をもって新規募集は終了いたしました。(平成27年度以降の公募はございません。)
探索タイプ、シーズ顕在化タイプ、起業挑戦タイプ(若手起業育成含む)、実用化挑戦タイプ(創薬開発)
※H27年度新規公募から、ハイリスク挑戦タイプは、シーズ育成タイプに統合しました。
※シーズ顕在化タイプの課題募集は行わず、シーズ育成タイプに申請された提案の中から必要に応じて採択します。
※探索タイプの新規募集は行いませんが、平成27年度新規のJST研究成果展開事業マッチングプランナープログラムにおいて、企業ニーズ解決、本格的な産学共同研究開発の可能性を検証するための支援を行う予定です。
このページの先頭へ

プログラムの流れ

課題の募集・選考

各支援タイプについて、研究提案を募集します。選考はPOがアドバイザー等の協力を得て行います。
※アドバイザーは、JSTがPOの要請に基づき有識者の中から定めます。課題の評価及び課題の研究開発の推進においてPOに意見を述べると共に、その他PD、POの求めに応じて意見を述べることを任務としています。

契約

採択後、JSTは研究開発を実施する機関と委託研究契約を締結します。

研究開発の実施

プロジェクトリーダーを中心として研究開発を実施していただきます。研究開発期間は支援タイプ毎に異なります。

評価

POは、研究開発の進捗状況や研究開発成果を把握し、アドバイザー等の協力を得て、研究課題の中間評価及び事後評価を行います。
※中間評価等の結果を勘案し、JSTが研究開発の中止を判断することがあります。

調査

JSTは研究課題終了後に追跡調査(フォローアップ)を実施します。その他必要に応じて、進捗状況の調査を実施します。調査の際はご協力いただきます。
このページの先頭へ

中小企業技術革新(SBIR)制度による事業化支援について

本プログラムは、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づく中小企業技術革新制度(SBIR)の特定補助金等交付事業に認定されています。
当該補助金等を受けた中小企業者は、その成果を利用して事業活動を行う場合に、特許料等の軽減措置、信用保証協会による債務保証枠の拡大、担保と第三者保証人が不要な特別な債務保証枠の新設、中小企業投資育成株式会社法による投資対象の拡大等の特例の支援措置を受けることができます。
詳しくは、インターネットによる施策紹介
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/sbir/sbir.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ

このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構