評価結果
 
評価結果

事後評価

平成27年8月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
【本格研究開発】若手起業家タイプ事後評価一覧〔平成26年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)【本格研究開発ステージ】若手起業家タイプでは、大学等の起業を支援する機関等と連携を図りつつ、若手研究者によるベンチャー企業の創出に資する研究開発成果を得るとともに、研究者から起業家へのキャリアパス形成を促進することを目的としています。
 本事後評価は、終了した課題毎に研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにし、今後の成果の展開及び事業運営の改善に資することを目的として、「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの課題評価の方法等に関する達」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
【本格研究開発】若手起業家タイプ 3課題[平成26年度終了課題]
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 全体評価委員会)
林 善夫(委員長)旭化成(株) 顧問
石原 直東京大学 特任教授
小舘 香椎子日本女子大学 名誉教授
田中 隆治星薬科大学 学長
豊玉 英樹株式会社ナカニシ 常勤監査役
濱島 高太郎東北大学 名誉教授
半田 宏東京医科大学 産学連携講座 「ナノ粒子先端医学応用講座」 特任教授
松田 譲協和発酵キリン(株) 名誉相談役、
公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団 理事長
三木 一克元 (株)日立メディコ 特別顧問
吉田 信博(株)東芝 社友
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものとなります。
4.評価結果
【ライフイノベーション】
課題名 研究者 起業支援機関 事後評価結果
大幅なコストダウンを可能にする哺乳動物細胞の遺伝子発現系の開発とその事業化 山口大学 中村美紀子 山口大学 pdf
(95KB)

【ナノテクノロジー・材料】
課題名 研究者 起業支援機関 事後評価結果
世界初の微粒子磁化率計の装置開発と製品化 大阪大学 河野誠 大阪大学 pdf
(78KB)
液体への直接有機膜蒸着による可変焦点レンズアレイ 東京大学 グェンビンキェム 東京大学 pdf
(80KB)
※機関名・役職名は評価実施時のものとなります。


このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構