評価結果
 
評価結果

事後評価

平成29年3月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
シーズ育成タイプ事後評価一覧〔平成27年度・平成28年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)シーズ育成タイプでは、大学等のシーズの実用性検証フェーズにおいて、中核技術の構築を目指した産学共同研究開発を支援することを目的としています。
 本事後評価は、終了した課題毎に研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにし、今後の成果の展開及び事業運営の改善に資することを目的として、「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの実施に関する規則」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
シーズ育成タイプ 6課題[平成27年度・平成28年度終了課題]
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 分野別プログラムオフィサー)
澤 源太郎元 NTTコムウェア株式会社 代表取締役副社長
横井 秀俊東京大学 生産技術研究所 機械・生体系部門 教授
浜田 恵美子元 名古屋工業大学大学院工学研究科 教授
穴澤 秀治一般財団法人バイオインダストリー協会 先端技術・開発部長
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものとなります。
4.評価結果
※機関名・役職名は評価実施時のものとなります。
【グリーンイノベーション】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
移動体の廃熱回収に向けたレアメタルレス熱電発電ユニットの実用化研究 名古屋工業大学 西野洋一 株式会社アツミテック pdf
(81KB)
熱可塑性CFRP成形サーボプレスの開発 金沢大学 米山猛 コマツ産機株式会社 pdf
(117KB)
高性能ゼオライトの新規製造方法の開発 東京大学 大久保達也 ユニゼオ株式会社 pdf
(122KB)
住環境向け色素増感型アンビエント太陽電池の研究開発 産業技術総合研究所 廣瀬伸吾 積水化学工業株式会社 pdf
(71KB)
【ナノテクノロジー・材料】
課題名 研究者 企業 事後評価
結果
高品位窒化アルミニウム単結晶バルク基板上の高効率深紫外LED開発 情報通信研究機構 井上振一郎 株式会社トクヤマ pdf
(83KB)
超高真空、低温チップ増強ラマン分光イメージング装置の開発 関西学院大学 尾崎幸洋 株式会社ユニソク pdf
(85KB)

このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構