評価結果
 
評価結果

事後評価

平成23年12月公開
研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
【本格研究開発ステージ】シーズ育成タイプ事後評価一覧〔平成22年度終了課題〕
1.事後評価の趣旨
 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)【本格研究開発ステージ】シーズ育成タイプでは、大学等のシーズの実用性検証フェーズにおいて、中核技術の構築を目指した産学共同研究開発を支援することを目的としています。
 本事後評価は、終了した課題毎に研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにし、今後の成果の展開及び事業運営の改善に資することを目的として、「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムの課題評価の方法等に関する達」に基づき実施したものです。
2.評価対象課題
【本格研究開発ステージ】シーズ育成タイプ 4課題〔平成22年度終了課題〕
3.評価者(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 全体評価委員会)
林 善夫(委員長)旭化成株式会社 顧問
小舘 香椎子日本女子大学 名誉教授
田中 隆治サントリーホールディングス(株) 技術監
豊玉 英樹スタンレー電気株式会社 執行委員
永井 良三東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻・循環器内科 教授
西川 寿子元 三菱マテリアル(株) 技師長
半田 宏東京工業大学 ソリューション研究機構 大学院生命理工学研究科 教授
府川 伊三郎福井工業大学産業ビジネス学科 教授
吉田 信博元 (株)東芝 顧問
※評価者の所属・肩書は評価実施時のものとなります。
4.評価結果
【装置・デバイス分野】
課題名 研究者 企業 事後評価結果
極微細加工を可能にするファイバレーザ 東海大学 鄭 和翊 (株)精工技研 pdf
(21KB)
超高速光イメージング技術の実用性検証 東北大学 須川 成利 (株)島津製作所 pdf
(22KB)
【無機化学分野】
課題名 研究者 企業 事後評価結果
次世代Nb3Sn超伝導線材用素材大型化の研究開発 東海大学 太刀川 恭治 (株)大阪合金工業所 pdf
(26KB)
【アグリ・バイオ分野】
課題名 研究者 企業 事後評価結果
都市型メタン醗酵システム向け亜臨界水利用掻面式可溶化装置開発 大阪府立大学 吉田 弘之 リマテック(株) pdf
(23KB)

このページの先頭へ
独立行政法人 科学技術振興機構